HOMEライフスタイル Twitterで自身の食習慣とそれを食べる理由が一目瞭然との米大学調査結果

Twitterで自身の食習慣とそれを食べる理由が一目瞭然との米大学調査結果

さえきそうすけ

2013/08/27(最終更新日:2013/08/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock

ツイッターなどSNSにその日食べた物を投稿する人については賛否両論あるものの、投稿者本人にとっては自身の食習慣と、なぜそれを食べたのかその理由を知る上で大いに役立つという。

米アリゾナ大学栄養学部Melanie Hingle准教授は、18歳~30歳の50人の被験者に対し3日間、その日食べた物をすべてツイートしてもらったという。いつ何をどこで食べたのか、その理由と共にツイートし続けてもらった結果、彼らの食べたものが一目瞭然であったのは当然ながら、それを食した理由も明らかになった。

今回の調査では食習慣の根幹を支える動機が“便利さとコスト”だと判明。学術誌The Journal of Medical Internet Research.誌掲載の同准教授の論文では、食事のほとんどが無意識になされるか、完全に習慣化しており、一度自身の食習慣を振り返り悪癖を断つのも有効としている。

我流スタイルを自身に知らしめる術としてツイッターを利用するとして、さてあなたはご自身の何を知りたいと思いますか?


hatenaはてブ