HOMEライフスタイル 【女性に悲報】女はたとえ出世しても給料も権限行使も男性には及ばないと判明:カナダ大学調べ

【女性に悲報】女はたとえ出世しても給料も権限行使も男性には及ばないと判明:カナダ大学調べ

さえきそうすけ

2013/04/02(最終更新日:2013/04/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

今さら“女性の社会進出”と言うとこそばゆい感じがするほど、大勢の女性たちが当たり前に働いている。しかし順調に出世してある程度の職務権限を与えられるようになっても尚、そこには男女間の格差が根強く存在している事実が明らかになった。

カナダ・トロント大学社会学者スコット・シーマン氏のグループが、同国労働者に関する全国調査を検証した結果、まず女性にとって出世の道はまだまだ険しく、24%の男性が管理者としての何らかの職務権限を有しているのに対し、女性は16%にとどまっている。また同じように権限を持つ職を与えられても、女性に比べ男性の方が躊躇なくその権限を行使し、意思決定を自由に行い、影響力を及ぼしていると判明した。

同じ管理職にありながら給料だけは男性の方が上というケースも珍しくなく、年齢による格差は皆無であったが故に、女性たちが眉をひそめるのも当然だろう。ちなみに何を持って職務権限というのかいえば、部下を監督、統率する立場にあったり、採用や解雇、給与決定などの権限を与えられている場合だという。


hatenaはてブ