HOMEストーリー 自撮り中に海に落ちた観光客を別の観光客が救助する映像

自撮り中に海に落ちた観光客を別の観光客が救助する映像

Sophokles

2019/07/26(最終更新日:2019/07/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Video Unik & Seru/Facebook

危険な崖で波にさらわれた男性観光客を別の観光客が救助する動画が、海外メディアで話題になっている。

レンボンガン島の観光スポットで

インドネシアのバリ本島に近いレンボンガン島には、海に面して切り立った崖の腹にいくつもの洞窟ができている「Devil’s Tears(デビルズ・ティアー)」と呼ばれる観光スポットがある。2018年3月、ここで自撮りをしていた中国から来ていたという男性観光客が、突然の波にさらわれ、沖に流されそうになった。それを見た別の観光客、オーストラリア・パースから訪れていたJake Davisonさん(19歳)が躊躇せずに海に飛び込み、救助に向かった。Davisonさんは最近まで動画の存在を知らず、今年7月19日に動画をFacebookでシェアしたところ、SNSだけでなくニュースメディアまで反応するほどの話題になった。動画には、Davisonさん自身のこんなコメントが付けられている。
やあ、みんな。去年、僕はデビルズ・ティアーである人を救助したんだけど、その時の半分が映ったビデオがこれだよ。何人かの友人がFacebookで見つけてくれた。その時のことを思い出すと恐ろしくなるよ。「波にさらわれた人を救った、バリ観光客の勇敢な行動」

岩に登る度に波に引き剥がされる

Davisonさんは50メートルほど沖に流されていたその人を岸まで連れ戻し、低い岩場から岸に上がろうとする。だが、波に邪魔されて上がれない。ビデオには、25分続いた救出劇の最後の3分ほどが映っている。ニュースメディアの取材を受けたDavisonさんは、その時のことを思い出してこう語った。
波がものすごい勢いで崖に打ちつけていたので、安全に陸に上がれる場所はありませんでした。その最中には、絶望的な瞬間が確かにありましたよ。この人を助けるどころか、自分も脱出できないんじゃないかと思いました。
複数の海外メディアによれば、この時は計3人が同時に波にさらわれており、動画に映った男性と女性1人が救出されたが、もう1人の男性が亡くなったという。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード