HOMEストーリー アヒルのゆで卵「バロット」からヒナが孵ってすくすく成長してしまう

アヒルのゆで卵「バロット」からヒナが孵ってすくすく成長してしまう

Sophokles

2019/02/13(最終更新日:2019/02/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

daily_daisy_duck/Instagram

「バロット」は孵化しかけたアヒルの卵で作るゆで卵。ベトナムやフィリピンなどで珍味とされている。マレーシアのある女性がこのバロットを店で買い、ものは試しと温めてみたところ、何と孵化してしまった。その後すくすくと成長したアヒルの姿が、とても可愛らしい。

テイクアウトのバロットを購入

マレーシアの首都クアラルンプールに住むErica Limさん(39歳)は、郊外の町プチョンにあるベトナム料理店で、テイクアウトのバロットを買った。半分は好奇心から、もう半分は友人や親戚を驚かせてみたいという気持ちから、彼女は発泡スチロールと電灯で孵卵器を作り、その中でバロットを温めてみた。
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

2週間後……

料理店でバロットとして売られている卵は茹でた後、調理済みのはず。しかし、茹で方が足りなかったのか、あるいは店の人が調理前のものと間違えたのか、Limさんの卵は2週間後に孵化した。
View this post on Instagram
A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

ペットとして飼うことに

実験のつもりで孵した雛だったが、その可愛らしさにまいってしまったLimさんは、ペットとして飼うことに。最初に付けた名前はDaisy、だが実際にはBibitという愛称で呼びかけているそうだ。
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

View this post on Instagram
A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

View this post on Instagram
A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

View this post on Instagram
A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on
その後すくすくと成長したBibitは、けっこうなイタズラ者に。トイレで水浴びしたり、鳴き声が聞こえない時は家の中のものを壊したりしているそうだ。
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

View this post on Instagram
A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on
View this post on Instagram

A post shared by Daisy duck🐥 (@daily_daisy_duck) on

海外メディアの取材を受けた彼女は、他の人にもアヒルをペットにすることを勧めている。
アヒルは素敵な友達になりますよ。Bibitは可愛らしく、私によくなついています。アヒルをペットにする楽しさを、もっと多くの人に気づいてほしいと思います。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード