HOMEライフスタイル NASAが“四角すぎる氷山”の写真を公開!正体は「テーブル状氷山の一種」と専門家

NASAが“四角すぎる氷山”の写真を公開!正体は「テーブル状氷山の一種」と専門家

Sophokles

2018/10/28(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

nasa/Instagram

10月24日にNASA(アメリカ航空宇宙局)がTwitterとInstagramに公開した氷山の写真に、多くのネットユーザーが「エイリアンが作ったのでは」と疑った。南極海で撮影された氷山は、幾何学的な美しさを感じさせるほどきれいな長方形。映画『2001年宇宙の旅』の中に登場し、エイリアンの存在を暗示する謎の巨大石板「モノリス」を思わせる。
View this post on Instagram

A post shared by NASA (@nasa) on

(ほぼ完璧な4つの角を持つこの物体。地球の自然によって作られたものなのだろうか? NASAが遂行するIceBridgeプロジェクトの科学者、Jeremy Harbeckが、南極半島北部で2つの長方形氷山が浮いているのを目撃。詳しくはNASAのサイトで)(エイリアンの着陸基地か? ET CBeesが活動中??)(米国政府の秘密の建造物だよ。これまでに捕獲したエイリアンを監禁して、奴隷として働かせ、秘密兵器を作ってるに違いない。誰にも言うなよ)(エイリアンの母船だ! 南極の低温に耐えられるのはエイリアンだけだから!)(明らかに「モノリス」だ)

科学者の意見は

四角いケーキのようにも見えるこの氷山について、海外メディアが、専門家に意見を聞いている。取材を受けたメリーランド大学のKelly Brunt教授はこう言う。
つまり、こういうことです。氷山には2つのタイプがある。一般の人が思い浮かべるのは、タイタニック号を沈めた三角の形の氷山でしょう。しかし、それとは別に「テーブル状氷山」というのがあるのです。
テーブル状氷山(または卓状氷山)は、氷河や氷床が海に押し出されてできる「棚氷(たなごおり)」が割れて分離し、海をさまよい始めたもの。表面が平らなのが特徴だそう。NASAの写真のものは、南極半島東岸にある棚氷の一つ、ラーセンC棚氷から分離したものと見られている。それにしても、まるで定規を使って切ったような長方形になるというのは、科学的に見てどうなのだろう?
写真の氷山がちょっと普通じゃないのは、ほぼ真四角の形をしていることですね。
Brunt教授は、まれな形であることを認めている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード