HOMEストーリー ダイバーがプラスチックごみ汚染の海に潜った映像がショッキング…自分のごみに責任をもって!

ダイバーがプラスチックごみ汚染の海に潜った映像がショッキング…自分のごみに責任をもって!

Sophokles

2018/09/24(最終更新日:2018/09/21)


このエントリーをはてなブックマークに追加

luckymanzano/Instagram

フィリピンのダイバーが、海洋プラスチックごみ汚染の真っ只中に潜った映像をInstagramでシェアした。ダイバーを取り囲む大量のプラスチックごみがショッキングだ。欧米のメディアもニュースとして取り上げている。

ダイバーが遭遇したごみの流れ

その映像をアップしたのは、フィリピンのベテランダイバーであり、ダイビングインストラクターでもあるLuis Manzanoさん(38才)。先月27日、Luisさんがフィリピン・アニラオ沖の海に潜ったところ、海中で突然、大量のごみに取り囲まれてしまったという。ビニールやプラスチックの袋、ペットボトル類やプラスチックのクズごみなどが大量に、潮流に流されて来たのだ。Instagram動画の中でLuisさんは、ごみと共に漂い、「これはどうしようもない」というように肩をすくめ、両手を上げている。
View this post on Instagram

A post shared by Luis Manzano (@luckymanzano) on

動画に続く一連の写真の最後には、Luisさんが手ですくい上げたプラスチックごみが写っている。コメントにはこう書かれている。
これが私たちの海で実際に起こっていることなのです。この動画も写真も、大量のごみが映っていますが、たった1回のダイビングで撮影したものです。ダイバーが潜ってごみを回収するというようなことでは、とても追いつきません。どうか自分のごみに責任を持って、正しいやり方で捨てるようにしてください。

この海は有名なダイビングスポット

驚くことに、Luisさんが潜ったアニラオ沖の海は、有名なダイビングスポットだ。美しい海中風景や海洋生物を見れるのは嬉しいことだが、年々増加するプラスチックごみに汚染されつつある。フィリピンのプラスチックごみ汚染は世界の中でも酷く、2015年のある調査によれば、プラスチックごみの60パーセントが海に捨てられているという。プラスチックごみによる海洋汚染が酷い国はアジアに多く、トップ5はフィリピン、中国、インドネシア、ベトナム、タイ。幸いなことに日本は入っていない。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード