HOMEストーリー 【W杯】車椅子のエジプトサポーターを、他国サポが担ぎ上げて観戦を助ける

【W杯】車椅子のエジプトサポーターを、他国サポが担ぎ上げて観戦を助ける

Sophokles

2018/06/19(最終更新日:2018/06/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

OMAR/Twitter

スポーツは戦いであると同時に、敵味方の隔てなく人々を一つにするという側面もある。それをよく表す一枚の写真がSNSで話題になっている。

ワールドカップのファンゾーンで

写真は、現在ロシアで開催中の2018 FIFAワールドカップのファンゾーンで撮られた1枚だ。ファンゾーンはファンやサポーターが集うイベントスペースで、試合を映すテレビスクリーンなどが設置されている。投稿者のOMARさんによると、エジプト対ウルグアイ戦の最中の出来事だったそう。スクリーンに映った試合を立って観戦する人たちに視界を遮られ、車椅子のエジプト人ファンが試合を見れないでいたが、周囲にいたメキシコとコロンビアのサポーターたちが協力して車椅子ごと彼を持ち上げた。
「ファンゾーンにいた車椅子のファンが自国エジプトチームの試合を見れるように、コロンビアとメキシコのファンたちが持ち上げている。単なる試合以上のものだ」

スポーツは人々をひとつにする

OMARさんが6月16日に投稿したこの写真は、TwitterやRedditユーザーたちの心を捉え、拡散された。
「ファンゾーンで、車椅子のエジプト人ファンが自国チームの試合を見れるように、コロンビア&メキシコのファンが持ち上げた。ひとつの美しいゲームだ」
「これがワールドカップの素晴らしさ。それぞれに違った文化を持つ人たちを一つにする。本当に素晴らしいスポーツイベントだと思う」
「これは素晴らしい。サッカーは本当に僕らを一つにする」
「私は熱狂的なサッカーファンではないけれど、ワールドカップは好きだ。理由は、世界の国の人々が集まって一緒にプレイするからだ。ワールドカップは、重要視されていない国が自国文化の素晴らしさを見せる場でもある」

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード