HOMEライフスタイル 恐がる子供を手品で笑わせる米国の優しい歯医者さんが話題に

恐がる子供を手品で笑わせる米国の優しい歯医者さんが話題に

Sophokles

2018/05/28(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Riverfront Pediatric Dentistry- Eyal Simchi, DMD/Facebook

日本にもこんな歯医者さんがいたら、ぜひかかってみたいものだ。米国ニュージャージー州で小児歯科医院Riverfront Pediatric Dentistryを開業するEyal Simch医師は、患者の子供たちの緊張や痛みを取り除くために最善を尽くしている。そのために彼がよくやっているのは、一緒に歌を歌ったり、子供にアシスタントの役をやらせて歯医者さんごっこをすること。それに加えて、手品も彼の得意技だ。

思わず微笑んでしまうビデオが話題に

Simch医師が、先週、治療室での手品のパフォーマンスをFacebookにアップしたところ、子供の反応がとても愛らしいと評判になり、再生回数1900万回超え。Twitterに投稿された同じ動画は1400万回以上再生されている。動画の中でSimch医師は、光の球を子供の患者の顎から取り出したり、自分の耳の中に入れたりしている。それを見た子供の、純真な驚き様がいい。

大人も行きたくなる歯医者さん

こんな歯医者さんに、大人が行きたくなっても不思議はないだろう。Facebookにはこんなコメントが付いている。
オー・マイ・ゴッド! この歯医者さんでは新規の患者を受け付けているんでしょうか? 小児歯科ということですが、私は40才なので、融通を利かせてもらえないでしょうか。——Katie Camden Haney
これに対してSimch医師は、ユーモアを交えてお断りしている。
残念ながら私たちは子供と、特別なケアが必要な特殊な患者さんしか診療していません。それでも忍び込もうとする大人の方は多いのですが、アシスタントがリストを作ってチェックしています(笑)
ツイッターには、Simch医師のトリックの上手さに驚いたという声が多く寄せられている。(ウォッ、一体どうやってるんだ?)(見ている間ずっとこんな感じよ)(先生の手を見る私はこんな感じ)(光る球のトリックをどうやってやるのか、今、私のかかりつけの歯医者さんに電話で尋ねてるわ)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード