HOMEストーリー 幼なじみが初バイト代で贈ってくれたスニーカーに男子号泣

幼なじみが初バイト代で贈ってくれたスニーカーに男子号泣

Sophokles

2018/05/11(最終更新日:2018/05/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Sofi Cruz Turner/Facebook

米国サウスカロライナ州の高校生Sofi Cruz Turnerさんが、幼なじみの男子クラスメイトに見せた優しさが、SNSやメディアで話題になっている。

貧しいクラスメイトにサプライズ

Sofiさんは、小学3年からのクラスメイトであるJahiemさんのことをこんなふうに言う。「彼は全部の宿題を必ず期日までにやって来るタイプなんです。これまで学校を休んだことは一度もありません。先生を手伝って授業に使う教材を運んだりもしていました。それに、いつも笑顔で陽気なんです」そんな彼がある時、「新しい靴が欲しいけど買えない」とSofiさんにこぼしたという。彼の家が貧しいことを知っていたSofiさんは、ちょうどアルバイトを始めた時だったので、初バイト代で彼のためにスニーカーを買った。そしてある日、授業が始まる前の教室で、新品のバックパックを携えたSofiさんは彼に近づき、こう言った。「私は長い間——小学3年からあなたを知っているけど、私にとってあなたは親友だし、特別な人よ。バイトを始めてから何かプレゼントしたいと思っていたの。これがそれ」Sofiさんが彼に渡したバックパックの中には、新品のスニーカーとそれにマッチするソックス。バックパックも彼へのプレゼントだ。

感動で号泣

思わぬプレゼントを受け取ったJahiemさんは、しばらくは何気ないふうを装っていたが、やがて感動を抑えられなくなり、靴の箱に額を押し付けて号泣する。この場面は他のクラスメイトによって撮影され、Facebookに投稿された。海外メディアによれば、投稿後1日で1,800回以上シェアされたとのこと。現在のシェア数は4,000回を超えている。「彼が涙するのを見て、私も胸がジンとしました」SofiさんはFacebookの中でこう書いている。「彼がこんなに喜んでくれたことを、とても嬉しく思っています」Jaheimさんは涙を拭いた後、贈られたソックスとスニーカーを履いて笑顔で写真に写っている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード