HOMEストーリー 世界記録更新!高さ24メートルの巨大波に乗るサーファーが凄い

世界記録更新!高さ24メートルの巨大波に乗るサーファーが凄い

Sophokles

2018/05/07(最終更新日:2018/05/07)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Guinness World Records/YouTube

ブラジルのプロサーファー、Rodrigo Koxaさんが、前人未到の巨大波に乗って世界記録を更新したと、ワールド・サーフ・リーグが発表した。

高さ24メートルを超える波

Koxaさん(38才)は昨年11月、ポルトガル・ナザレのコスタ・デ・プラタ(銀海岸)でモンスター級の波に乗り、ワールド・サーフ・リーグの役員が波の高さを計測したところ、約80フィート(24.38メートル)と過去最高だった。Koxaさんは同リーグからXXL Biggest Wave賞を授与され、この記録はギネス世界記録としても認定されている。これまでのリーグ認定記録は、米国のプロサーファーGarrett McNamaraさんが2011年にポルトガルの同じ場所で乗った波で、高さ約78フィート(23.7メートル)だった。下にあるのがギネス・ワールド・レコードが公開しているKoxaさんの映像。右側に映っているのはサーファーではなく、伴走するジェットスキー。中央の砂つぶのように見えるのがサーファーだ。https://www.youtube.com/watch?time_continue=100&v=8K9hEABr7kM

事故からのカムバック

Koxaさんは2014年に、サーフィン中のアクシデントで瀕死の重傷を負っている。今回の記録への挑戦は、そこからのカムバックを賭けたものでもあった。「僕はビッグウェーブに乗ることに人生を賭けてきました。けれど、2014年には、同じポルトガルのナザレでほとんど死にかけました」Koxaさんは海外メディアにこう語っている。「それから4ヶ月後、命は助かったものの、悪夢に悩まされ、波が恐ろしく、どこにも出かけられませんでした。そんな僕を、妻がずっと心理的にサポートしてくれました」「今、世界記録を更新できたことが本当に嬉しいです。僕の人生で最高の夢が実現しました」

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード