HOMEストーリー 娘へのプロポーズに、手作りのサインボードで反対するパパがお茶目

娘へのプロポーズに、手作りのサインボードで反対するパパがお茶目

Sophokles

2018/04/02(最終更新日:2018/04/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

*AB*_13/Twitter

米国ネバダ州のパパが婚約する娘とボーイフレンドに仕掛けたお茶目なイタズラが、海外のSNSやメディアで話題になっている。

つき合って2年目のカップル

ネバダ州ウィネマツカに住むAllison Barronさん(女性)は、ネバダ大学で知り合ったボーイフレンドのLevi Blissさんと2年間の交際を続けていた。2人の間では結婚は暗黙の了解になっており、あとはそれを公にするだけだったという。そして3月24日、Leviさんは彼女のAllisonさんを、家族と朝食を食べるという口実で車に乗せ、近くの丘に連れて行った。

プロポーズの後に現れたパパ

丘の中腹でひざまづいたLeviさんは婚約指輪を差し出し、「Will you marry me?」と正式なプロポーズ。プロポーズを受けたAllisonさんは、その時のことをメディアにこう語っている。「私が車から降りると、彼はすぐにひざまづいたんです。プロポーズされた瞬間、私は嬉しさのあまり泣き出してしまいました。ずっと夢に見ていた瞬間が現実になったんです」もちろん彼女は「Yes」と答えた。すると、丘の上に彼女の父親であるJakeさんが、サインボードを掲げて現れた。そこには手書きの大きな文字で「SAY NO(ノーと言え)」と書かれていた。それを見た彼女は思わず笑い出してしまったそうだ。実はこの時、二人の家族はプロポーズの瞬間を見るために、丘の反対側の陰に集まって隠れていた。Twitterに投稿された写真は、二人に同行した妹のAshlee Barronさんが撮ったものだ。

パパお得意のジョーク

Allisonさんの父親は、本気で結婚に反対していたわけではない。父親は彼氏のLeviさんをとても気に入っていて、二人で釣りに出かけるなど親しくしていたそうだ。
A post shared by Allison Barron (@ab_13) on
「パパはこういうジョークが好きなんです。私と彼は家族ぐるみの付き合いをしていて、これまでにもパパはこんなジョークでみんなを笑わせてきたんです」とAllisonさんは言う。3月25日に投稿されたプロポーズの写真には、224,000の「いいね」が付き、66,000回以上リツイートされている。ジョークとはいっても、そこには娘を持つ父親の本心のようなものが出ているのがいい。Twitterではこんな反応があった。(こんなふうに書き換えて見たわ。『君の人生だ、僕にはコントロールできない』)(私の父もやりそうなことだわ。笑)(私の父親も似たようなことをやっていたかも。笑)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード