HOMEライフスタイル 奥歯の裏までスマホで確認しながら磨けるカメラ付きハイテク歯ブラシが登場

奥歯の裏までスマホで確認しながら磨けるカメラ付きハイテク歯ブラシが登場

Sophokles

2016/05/23(最終更新日:2016/05/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

PROPHIX

歯医者さんに行くと、必ず言われること。それは「磨き残しがありますね」、とか「奥の方、歯ブラシが届いてませんね」ではないだろうか。ただ、それも仕方ないこと。私たちが実際に目で見て磨けるのは前歯のあたりだけで、裏側とか奥の方は勘に頼って磨くしかない。歯ブラシがちゃんと歯に当っているかどうかは、わからない。ところが、こんな問題を解決してくれるハイテク歯ブラシが、最近登場した。

口の中を映し出してくれる歯ブラシ

米国ワシントン州・シアトルの歯医者さん、クレイグ・S・コーラー氏が開発した歯ブラシ「Prophix」は、Wi-FiとBluetoothを利用したカメラ付き歯ブラシだ。歯ブラシの柄に埋め込まれた極小カメラが、磨いている部分をバッチリ映してくれる。その映像がライブビデオとして、あなたのスマホに無線で送られる。あなたは、スマホに映った自分の口の中を、目で確認しながら磨けるというわけ。これなら磨き残しもなくなるし、ブラシ部分がちゃんと歯に当っているかどうかも確認できる。
PROPHIX

PROPHIX

気になる部分は静止画で保存

それだけではない。虫歯になりかけている歯や、腫れている歯茎など、気になる部分を静止画としてスマホに保存しておくこともできる。
PROPHIX

PROPHIX

「同じ部分の画像を撮り続けてアルバムとして保存しておけば、歯茎の色の変化や虫歯の進行具合などを正確にチェックできる」とコーラー氏は言う。

診察現場のアイディアを実用化

発案者のコーラー氏は、以前から自身のクリニックに同じアイディアを導入していたという。患者の口の中を、ライブビデオで患者自身に見せながら、歯磨き指導などをしていたそうだ。「そうやって自分の目で見て歯磨きを覚えると、誰でも効果的な歯磨きができるようになるものだ」とのこと。

hatenaはてブ