HOMEライフスタイル 【アメリカ】10才の少女が腹筋上体起こし2110回、大人を凌いで新記録樹立

【アメリカ】10才の少女が腹筋上体起こし2110回、大人を凌いで新記録樹立

Sophokles

2016/05/18(最終更新日:2016/05/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook/Fox Hill Elementary PTA

大人でも、数10回の腹筋上体起こしでへたばってしまうことは多い。そんな中、米国ミズーリ州・カンザスシティに住む10才の少女(上の写真左)が、腹筋上体起こし2,110回という全米トップの記録を樹立した。

吐き気に耐えた新記録

腹筋上体起こしの過去の最多回数は2,101回。10才のカイリ・バスちゃんが目標にしたのは、これを超える2,102回だった。この挑戦の最中に彼女はお腹が痛くなり、嘔吐しそうな顔になったが、どうにか持ちこたえて腹筋運動を続けたという。結果、彼女が記録した回数は、目標を109回上まわる2,110回だった。

冬の間にトレーニング

どうしても新記録を出したかった彼女は、小学校の体育教師の指導の下で、冬の間に体幹の筋肉を鍛えるハードなトレーニングをした。「私は競争するのが好き。いろいろなことでトップに立つのが好きなの。だから、この記録も絶対破りたかった」とカイリちゃんは言う。

母親を見習って

途中で吐き気をもよおした彼女だったが、それでも止めずに記録達成できたのは、母親のことを考えたからだった。彼女の母親は最近、人生初のハーフマラソンを完走した。「そのマラソンの10マイルくらいの所で、お母さんは苦しくなったけど、耐えて最後まで走った。それを思い出して、私にも絶対できると思った」とカイリちゃんは言う。両親はカイリちゃんを非常に誇りに思っているとのこと。

hatenaはてブ