HOMEライフスタイル ついに来た!イギリスの発明家がプロペラ付きの「空飛ぶ自転車」を開発

ついに来た!イギリスの発明家がプロペラ付きの「空飛ぶ自転車」を開発

Sophokles

2016/05/02(最終更新日:2016/05/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube/colinfurze

イギリスの発明家、コリン・ファーツェ氏が先月末、自作のホバー・バイクをYouTube上で発表し、海外ニュースメディアで話題になっている。
YouTube/colinfurze

YouTube/colinfurze

宙に浮くバイク

コリン氏が作った「ホバー・バイク」は、前後2つのプロペラで宙に浮くバイクだ。プロペラを動かすのは搭載したガソリンエンジン。エンジンが重い分、それ以外の部分からは無駄なものが一切排除されている。
YouTube/colinfurze

YouTube/colinfurze

操縦法をマスターする必要が

コリン氏がホバー・バイクの第1号試作機を完成させるまでに4〜5週間かかっているとのことだが、それ以上に時間がかかったのは、操縦法をマスターすることだったらしい。1番の問題点はどうやって進行方向を変えるか。宙に浮いた状態のホバー・バイクは、地上を走るバイクのようにハンドルを切って曲がることができない。体重移動でプロペラの角度を変えて進行方向を決めることになるのだが、そのやり方をマスターするまでにコリン氏は何度も転んだそうだ。(下のYouTube動画)https://www.youtube.com/watch?v=soxxPyaAT1k

海外では知られた、奇抜な発明家

本職は配管工で、趣味として発明品を自作しているコリン氏は、奇抜な発明家として知られている。これまでに発明した「時速80kmで走るベビーカー」「巨大なオナラを出すマシン」などは、IRORIOでも取り上げた。

hatenaはてブ