HOMEライフスタイル facebookに事実を書いている人は5人に1人しかいないと判明:英調査

facebookに事実を書いている人は5人に1人しかいないと判明:英調査

Sophokles

2016/04/06(最終更新日:2016/04/06)


このエントリーをはてなブックマークに追加

flickr/Christopher

facebookやTwitterなどのソーシャルメディアに本当の事実を書いている人は5人に1人程度であることが、イギリスで行なわれた最近の調査でわかった。

デジタルマーケティング会社が調査

その調査を行なったのは、イギリスのデジタルマーケティング会社「Custard」。同社が約2,000人を対象に、 ソーシャルメディアの利用方法に関する無記名のアンケート調査を実施したところ、82%の人が「facebookを見てくれる家族や友だちを意識して、自分がエキサイティングな生活を送っているように見せる投稿をしている」と認めた。つまり、ありのままの投稿をしている人は18%。5人に1人程度ということになる。

男性の方に嘘をつく傾向が

女性よりも男性の方に、自分のプロフィールに関して嘘をつく傾向があることも、この調査でわかった。おおよそ半数(43%)の男性が、ソーシャルメディアに掲載しているプロフィールが「正確な自分のプロフィールではない」と認めている。

不適切な投稿が親とのトラブルに

ソーシャルメディアへの不適切な投稿が人間関係に及ぼす影響についても、調査が行なわれた。不適切な投稿が原因で人間関係上のトラブルになってしまった相手は、1位が親、2位が職場の上司、3位が学校の先生だった。また、ソーシャルメディア上で口論に発展しやすい話題は、1位-政治、2位-宗教、3位-男女差別であることもわかった。

hatenaはてブ