HOMEライフスタイル フォルクスワーゲンの工場でロボットが人を殺傷、罪に問われるのは誰?

フォルクスワーゲンの工場でロボットが人を殺傷、罪に問われるのは誰?

Sophokles

2015/07/02(最終更新日:2015/07/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

flickr/ Steve Jurvetson

自動車メーカー、フォルクスワーゲン社のドイツ工場で、先月29日、工業用ロボットが人を殺傷するという事故が起きた。同社はこのことを30日に発表した。

ロボットが作業員を鷲掴みに

この事故で死亡した22才の青年は、事故当時、他の作業員と共に据置型の工業用ロボットのセットアップを行なっていた。このロボットには、自動車の部品を掴んで持ち上げ、組み立てる機能がある。

ところがそのロボットは、ふいに動き出して青年を掴み上げ、作業台となっている金属板の上に叩きつけた。

青年は病院に運ばれたが、この時の怪我が原因となって死亡した。

誰の罪になるのか?

フォルクスワーゲン社は今回の事故を、人間のミスによるものとしている。ロボットはプログラムされた通りに動くだけである、というのがその理由のようだ。

「人間のミス」というのが、プログラムした人間のミスなのか、安全確認を充分にしなかった作業員のミスなのかははっきりとしない。

事故を起こしたロボットは、通常は檻の中で稼働しており、一般工員がその隣で働くことはない。死亡した作業員は檻の中で作業をしていた。

この事故を調べている検察官は、刑事事件として告発するか、そして、告発するならば誰の罪ということにするのかを決めかねている。


hatenaはてブ