HOMEライフスタイル 自転車のハンドルだけを90度回転。スリムに収納するための装置

自転車のハンドルだけを90度回転。スリムに収納するための装置

Sophokles

2015/02/12(最終更新日:2015/02/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

INDIGOGO

自転車のハンドルというのはやっかいなもの。混んだ駐輪スペースに停めようとすれば、隣の自転車のハンドルと絡まり合う。自転車そのものはスリムなのに、ハンドルがあるだけで結構場所を取る。

こういったハンドルの問題を解決してしまうのが、ここにご紹介する「FlipCrown」という装置だ。

乗らない時はハンドルバーを90度回転

FlipCrownを自転車に取り付けると、簡単な操作で、安全に、ハンドルバーを90度回転させることができる。ハンドルバーがボディのフレームにピタリと寄り添うようになるわけだ。車輪はもちろん真っすぐなまま。

こうすれば自転車は大幅にスリムになる。駐輪場のラックにも載せやすいし、隣の自転車とも絡まない。自宅ガレージの、ちょっとした空きスペースに押し込んでおくこともできるというわけだ。

2アクションでハンドルが回転

FlipCrownの本体は、大きな六角ナットのように見える装置だ。これを、ハンドルを垂直に支えるパイプ(ステム)に装着する。装着には15分ほどかかるが、一度装着してしまえば、2アクションでハンドルが90度回転するようになる。そのやり方は……

 

まず、付属している専用の簡易ドライバーで、ステムボルトをわずかに緩める。この状態では、まだハンドルの位置はロックされたままだ。

次にFlipCrown本体にあるリリースボタンを押す。するとハンドルが自由に回転するようになるので、90度回す。

クラウドファンディングで出資者募集中

これを考案したのは、ベルギーでプロダクトデザイン会社を運営する2人のサイクリストだ。現在、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資者を募集している。


hatenaはてブ