HOMEライフスタイル 所変われば品変わる。ナイジェリアでバービーを抜く人形はコレ

所変われば品変わる。ナイジェリアでバービーを抜く人形はコレ

Sophokles

2015/02/02(最終更新日:2015/02/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook/Queens Of Africa-Black Nigerian/African D

クイーンズ・オブ・アフリカと名づけられたこの美女たち3人は、今、ナイジェリアで大人気。世界的な人気を誇るバービー人形を抜く売れ行きだ。

ナイジェリアの伝統から生まれた、愛、平和、忍耐の女王

この人形は、ナイジェリアの伝統的な衣装とそれに合ったハンドバッグ、ブラシとセットで販売されている。3つの人形はの顔かたちは、ナイジェリアでメジャーな3つの部族の顔かたちをモデルにしているらしい。また、「Nneka」「Azeezah」「Wuraola」 という名前は、それぞれ愛、平和、忍耐を表している。

 

黒人の人形を自分の姪のために作った

これを作ったのは、Taofick Okoyaさんというナイジェリアのビジネスマン。「姪のために黒人の人形を探したが見つからなかったので作った」と、彼はファッション誌「ELLE」に語っている。

「彼女(姪)に、アフリカの黒人女性であることに誇りを持って欲しかった。そして、その思いは姪に対してだけでなく、この国の若い年代の子たちに対しても広がった」

 

おもちゃ市場の15%を占める売り上げ

現在、この人形は、多い月には9000体売れている。昨年はナイジェリアのおもちゃ市場の15%を占める売り上げで、バービー人形を抜く勢いであるらしい。


hatenaはてブ