HOMEライフスタイル 「お好み焼き+ご飯」はOK?“コナモン”に対する東西の意識調査が発表

「お好み焼き+ご飯」はOK?“コナモン”に対する東西の意識調査が発表

濱中うらら

2018/05/02(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

オタフクソースが5月7日の“コナモンの日”を前に、20代~40代の男女500名を対象にした「地域別・コナモンの日 前アンケート調査」の結果を発表しました。

自宅でよく作る「コナモン」メニューは?

まず、自宅で作る「コナモン」ランキングを見てみたところ、調理がしやすくアレンジが効く焼きそばが第1位(64.6%)に。続く2位はお好み焼き(59.4%)、3位は子供にも人気のホットケーキ(41.6%)という結果でした。d33717-1-927782-1

“お好み焼きはおかず”がじわじわ浸透中!?

関西では当たり前の「お好み焼きやたこ焼きをおかずにご飯を食べる」食文化については、関東では約5割、関西では約7割の人がイエスと回答し、全国的に見ても“コナモン+ご飯”という食べ方が以前よりも浸透している状況がうかがえます。d33717-1-573440-15

好きな具材は?

お好み焼きの好きな具材ランキングはこちらです。d33717-1-662254-6一見それほど違いはないようですが、全国ではイカが3位(47.6%)だったのに対し、中国・四国では7位(34.9%)。更に、エビは全国で6位(41.6%)であったのに対し、中国・四国で9位(28.6%)。中国・四国地方では他の地方に比べて、お好み焼きの具材としては魚介類はあまり人気ではないことが分かります。京都ではネギ焼きが定番のため、関西でネギの人気が高くなっているあたりにも注目です。

関西人の8割「上手に焼ける」と自信

このほか、同調査では、お好み焼きを上手にひっくり返せることがモテ度に繋がるかどうかといった相関関係にも迫りました。d33717-1-113670-16d33717-1-489766-17お好み焼きを上手にひっくりかえすことができる人とそうでない人では、モテ度に違いはあるのかどうかを調べたところ、「告白されたことはない」人と「10人以上から告白されたことがある」人とでは、ひっくり返すスキルに大きな差が!告白されたことがない人のうち、上手にひっくり返すことができると回答した割合は、10人以上から告白を受けた経験がある人に比べ、なんと半分以下という結果が出たそうです。d33717-1-535916-9大勢でわいわい楽しめる「コナモン」は、これからのBBQシーズンにぴったりです。参加者の出身地に合わせて材料をそろえたり、上手にひっくり返したりして活躍を目指してみては?

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード