HOMEストーリー 人種差別をなくす希望の光…肌の色が異なる双子姉妹に多くの人が共感!

人種差別をなくす希望の光…肌の色が異なる双子姉妹に多くの人が共感!

濱中うらら

2017/01/25(最終更新日:2017/01/25)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Kalani(カラーニ)Jarani(ジャラーニ)は昨年4月23日に生まれた双子の赤ちゃん。彼女たちの父親はアフリカ系アメリカ人のトマス・ディーンさん、母親は白人のホイットニー・メイヤーさんです。笑顔がキュートなこの姉妹の存在は、ホイットニーさんがアメリカ・ミズーリ州のテレビ局KHQAFacebookに写真を投稿したことから、たちまち全米に広まりました。

二卵性双生児の姉妹

カラーニちゃんは母の白い肌とブルーの瞳を受け継ぎ、ジャラーニちゃんは褐色の肌とブラウンの瞳を父から受け継ぎました。Whitney Meyer

500人に1組のレアケース

英BBCの報道によるとこうしたケースは500人に1組の確率といい、過去にもさまざまなケースの双子の兄弟や姉妹が誕生しています。今回改めてこうしたニュースが注目された理由は、彼女たちの写真があまりにも可愛かったから。Whitney Meyer写真が公開されるやいなや、ホイットニーさんのFacebookには2人の赤ちゃんに魅了された人や、同じような双子をもつ親たちからのコメントが相次ぎました。・お人形さんみたい♡ ・こんな美しい赤ちゃんと居られるなんてママが羨ましい! ・うちはアジア系と白人のカップルで、双子の息子たちもそれぞれ美しい個性を持ちあわせています

ミラクルベイビーズ

Whitney Meyerホイットニーさんは彼女たちを“ミラクルベイビーズ”と呼び、人種差別をなくすための希望の光のような存在だと感じているそうです。またそんな願いと同時に彼女は、「カラーニはおてんばさん。ハイハイしてどこにでも行ってしまうし、何にでも興味をしめすの。ジャラーニは甘えん坊で抱っこが大好き。性格的にはおっとりさんって感じかしら。」と、2人の個性の違いを日々発見することを楽しんでいるそうです。素敵な家族に囲まれてスクスク育つ、ミラクルベイビーズの成長が今からとても楽しみですね。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード