HOMEライフスタイル 里山がトロピカル「きのこの山」と「たけのこの里」にバナナ&マンゴー登場

里山がトロピカル「きのこの山」と「たけのこの里」にバナナ&マンゴー登場

夏木りお

2016/05/12(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

明治の人気シリーズ「きのこの山」と「たけのこの里」に、夏らしいトロピカルな新味が登場。『きのこの山 バナナ』と『たけのこの里 マンゴー味』が、5/17~全国で発売される。

 夏に向け、里山がトロピカル仕様に!

明治のロングセラーブランド「きのこの山」と「たけのこの里」。おなじみの通常バージョンに加え、抹茶やいちご、キャラメルなど、季節限定のフレーバーや、「チョコかけすぎました大粒きのこの山」など、次々と新商品が登場するのも楽しみのひとつだ。今回は、夏らしい“トロピカル”な『きのこの山 バナナ』と『たけのこの里 マンゴー味』(いずれも200円:税別)が、新登場。meijimain『きのこの山 バナナ』は、甘さとコクを味わえるまろやかなバナナ味のチョコレートを使用し、暑くなる時期でも食べたくなる味わいが特長。『たけのこの里 マンゴー味』は、爽やかなマンゴー味のチョコレートを使用し、南国の香りあふれるトロピカルな味わいが楽しめるそうだ。また、パッケージは、いつもよりトロピカルな色合いに加え、リオ2016オリンピック・パラリンピック日本代表選手団を応援するため「がんばれ!ニッポン!」のメッセージが入った、にぎやかなデザインになっている。

“大人の”シリーズにも限定・抹茶味登場!

さらに、5/10~「大人のきのこの山・たけのこの里」シリーズに、香り立ちのよい抹茶を使用した『大人のきのこの山・たけのこの里 深み抹茶袋』も登場。otonakinoko西尾産の石臼挽き抹茶を使用し、抹茶本来のコクと深み、ほんのりとした苦味仕立てで、贅沢なオトナの味が楽しめるそう。こちらも期間限定なので、気になる人は早めにチェックしてほしい。

hatenaはてブ