HOMEライフスタイル もしもの時に役に立つ!突然の尿意をガマンする科学的方法があった

もしもの時に役に立つ!突然の尿意をガマンする科学的方法があった

夏木りお

2016/04/25(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

4/24放送のテレビ朝日『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』は、ゴールデンウィークの旅行・レジャーについての“日本人の3割しか知らないこと”を特集。その中で、「オシッコをガマンする科学的な方法」を紹介した。

誰もが経験する“危機的状況”?

まもなくゴールデンウィーク。車で行楽地へ出かけるという人は多いと思うが、渋滞で身動きがとれない車の中で「突然、尿意に襲われる」という危機的状況に陥ったことは、誰でも一度はあるはず。一度、尿意を意識してしまうとなかなかガマンすることは難しいが、「お尻の穴と膀胱に意識を集中する」ことで、尿意を抑えることができるという。
123RF

123RF

尿意をガマンする方法を泌尿器科医が伝授!

女性医療クリニック・LUNAグループ関口由紀理事長は、「お尻の穴をギューッと締めて、膀胱の出口辺りをギューッと締めるイメージ。オナラをガマンするように、お尻の穴を締めて10秒くらい維持する」と、アドバイス。「そうすると、会陰抑制筋(えいんよくせいきん)抑制反射が起こって、切迫尿意が抑えられる」そうで、この方法だと「大人の男性なら1リットルくらいガマンできる」という。さらに、関口理事は「あとは、オシッコじゃない別のことを考える。世界平和とかね」と補足し、スタジオは苦笑いだった。ただ、トイレをガマンするのは身体によろしくないので、日常生活ではあまりオススメできない。番組も「あくまでの参考で、危機的状況以外はガマンしないように」と、注意を促した。

hatenaはてブ