HOMEトレンドニュース 東京・日本橋に「従業員10人未満の企業」向けの最新設備付きオフィスが開業へ

東京・日本橋に「従業員10人未満の企業」向けの最新設備付きオフィスが開業へ

長澤まき

2019/10/10(最終更新日:2019/10/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

野村不動産(東京都新宿区)は10月9日、従業員10名未満の企業向けのサービス付小規模オフィス「H¹O(エイチワンオー)日本橋室町」を11月1日に開業すると発表した。従来のオフィスでは整えられないような最新設備とサービスを提供し、生産性と付加価値を生む力を高め、スモールビジネスの成長環境を提供するという。
出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

個のポテンシャルを最大化するオフィス

「H¹O」はヒューマンファーストをコンセプトに掲げ、ビジネスを加速させる機能と役割を備えた。室内の二酸化炭素濃度を基準とした換気量の自動制御やオフィス利用状況の見える化、生体認証システムなどの最新テクノロジーで快適性を提供する。
出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

個人作業や打ち合わせなど、様々な用途に利用できる24時間365日利用可能な共用ラウンジを設置。コーヒーマシンやオフィスコンビニ等の各種アメニティサービスに加え、朝食の無料提供も予定しているそうだ。
出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

平日日中は受付スタッフが常駐。施設オペレーションはもちろん、負担になりがちな来客の取次ぎ、会議室への案内、ティーサーブ、不在時の郵便物・宅配物受け取りなどに対応し、ビジネスをサポートする。
出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

2023年度までに15拠点を開設へ

近年、効率的で生産性の高い働き方と業務の付加価値向上が求められている。全国に30万社以上ある従業員10名未満の小規模企業では、大企業に比べて従業員数が圧倒的に少ないため、1人ひとりの生産性を高める取り組みが大企業以上に重要になっており、小規模企業がフレキシブルかつ快適に活用できるオフィス需要は年々高まりを見せている。同社は2023年度までに東京都心5区(渋谷区・新宿区・中央区・千代田区・港区)を中心とする15拠点にH¹Oの開設を予定。リノベーション型やPMO・大型ビル内へのフロア単位開設型など、多様なスタイルでの事業展開を予定している。
出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

出典元:野村不動産ホールディングスプレスリリース

【H¹O 日本橋室町】・所在地:東京都中央区日本橋室町1-13-7 PMO日本橋室町3階・開業:2019年11月・最小面積体:1.43坪(1~2名用・3区画)・最大面積体:21.37坪(21~24名用・1区画)・ルームプラン:小6区画(1~3名用)、中8区画(3~7名用)、大4区画(7~24名用)・共用会議室:4室(うち1室はWEB会議用)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード