HOMEトレンドニュース 令和時代のクールな羊羹「YOKANGO」発売へ。元祖エナジーフードを創業380年の老舗がアップデート

令和時代のクールな羊羹「YOKANGO」発売へ。元祖エナジーフードを創業380年の老舗がアップデート

長澤まき

2019/10/03(最終更新日:2019/10/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

佐賀の老舗和菓子店・鶴屋は10月8日「ようかんの日」に、「Japanese Neo-classical Energy Sweets」をコンセプトとした羊羹(ようかん)の新商品「YOKANGO」を新発売する。日々膨大な情報量を脳で処理しアグレッシブに活動する、忙しい現代人のために開発した令和の新しい羊羹だ。

佐賀の老舗がタッグを組み開発

「YOKANGO」は、羊羹の伝統に立ち返ると共に、新しいスタイルに挑戦したという。1639年(寛永16年)創業の佐賀の老舗菓子店・鶴屋が、佐賀で最も長い歴史を持つ1626年(寛永3年)創業の老舗薬種商・野中烏犀圓(のなかうさいえん)の監修の下、高麗人参エキス、ヤマノイモエキス、冬虫夏草といった漢方生薬成分のほか、ビタミン、アルギニンなど伝統的な薬効成分を配合し、味とエネルギー補給を両立した。パッケージは若者がいつでも食べやすく、思わず手に取りたくなるデザインを採用している。
出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

伝統に立ち返り、新しいスタイルへ

羊羹は元祖エナジーフードと言われているという。室町時代に日本にその原型が伝わり、禅宗の精進料理の中で肉に代わる貴重なエネルギー源として食べられていたそう。江戸時代になると砂糖の広まりにより、甘い現在の羊羹に近いものに。保存でき、簡単に持ち歩ける高エネルギー食品として広く人々に愛されるようになったそうだ。
出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース

出典元:鶴屋菓子舗プレスリリース/羊羹レシピが載った同店の文書

同商品は、古くからエナジーフードとして食されてきた羊羹を、現代人のために蘇らせた、新時代のYOKANだという。同店の店舗とオンラインストアにて10月8日から販売。発売を記念し、10月16日・17日に福岡市内で記念イベントを開催する。【YOKANGO】・価格:1本238円(税込)・内容量:45グラム・発売日:2019年10月8日(ようかんの日)・販売:鶴屋・佐賀本店、佐賀駅店、オンラインストア

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード