HOMEトレンドニュース マレーシアに日本国内の余剰アパレルを販売するショップが開店、廃棄ゼロを目指す

マレーシアに日本国内の余剰アパレルを販売するショップが開店、廃棄ゼロを目指す

長澤まき

2019/09/24(最終更新日:2019/09/24)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:Shoichiプレスリリース

法人の在庫処分を行うShoichi(大阪市中央区)は9月15日、マレーシアの首都クアラルンプールに同社が展開するアパレルショップ「Colors(カラーズ)」の同国5店目をオープンさせた。日本国内で余剰在庫として廃棄処分になる運命だったアパレル商品を国外で販売し、在庫の新しい活路を生み出す。

余剰在庫を海外で販売、売上の一部で社会貢献

同社は、作りすぎて在庫品となった商品など、ちょっとした理由で販売できなくなった商品をメーカーや工場から直接依頼を受けて仕入れ販売する自社のアパレルショップ「Colors」を国内外で展開。海外店舗は、余剰在庫の廃棄ゼロを目指すと共に、支援を必要とする子どもたちをサポートするボランティアプロジェクト「TASUKEAI 0 PROJECT」の一環。売り上げの一部をNPOを通じて社会貢献に役立てているという。

品質やデザイン、手頃な価格が好評

今回、マレーシアの首都クアラルンプール最大のショッピングエリア・ブギッビンタン地区にあるショッピングモール「fahrenheit88(ファーレンハイト88)」内に、同国5店舗目となる店舗「Japan Fashion Studio by Colors」を出店。レディースアパレル、アパレル雑貨、コスメなどを販売。メンズ商品も小規模だが取り扱っている。
出典元:Shoichiプレスリリース

出典元:Shoichiプレスリリース

出典元:Shoichiプレスリリース

出典元:Shoichiプレスリリース

出典元:Shoichiプレスリリース

出典元:Shoichiプレスリリース

高品質さや東南アジアにはないデザイン、日本国内の余剰在庫活用による手頃な販売価格などから、現地のユーザーにも好評だそう。同社は発表で「今後も、日本アパレルの良さを海外のお客様にアピールしていきたいと思います」とコメントしている。【 Colors マレーシア・ファーレンハイト88店】・オープン日:2019年9月15日・所在地:fahrenheit88 1F グランドフロア・住所:179, Jalan Bukit Bintang, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, MALAYSIA

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード