HOMEトレンドニュース 「予想外のビッグニュース」の声も…ヤフーがZOZOを子会社化へ。ファッションEC強化を目指す

「予想外のビッグニュース」の声も…ヤフーがZOZOを子会社化へ。ファッションEC強化を目指す

長澤まき

2019/09/12(最終更新日:2019/09/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:ZOZOプレスリリース

ヤフー(東京都千代田区)は9月12日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの普通株式を子会社化を目的に公開買付けにより取得し、同社と資本業務提携を締結すると発表した。これに伴い、ZOZOの前澤友作氏は12日付けで、代表取締役および取締役を退任。ZOZOの新社長には、2013年から同社の取締役を務めていた澤田宏太郎氏が就任した。

1株2620円で公開買付け

ZOZOは1998年に、輸入CD・レコードの通販を手掛けるスタート・トゥデイとして設立。2000年にアパレル商材を中心としたEC事業のさきがけとなるネット上のセレクトショップの運営をはじめ、2004年にファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の運営を開始した。発表によると、ヤフーはeコマース(EC/電子商取引)事業のさらなる拡大を目指しており、衣類・服飾雑貨カテゴリー(市場規模1兆 7728 億円)が国内BtoC-EC(消費者向け電子商取引)の中でも最大の市場規模を持つことから、ファッションECの強化が必要だと認識。以前から、ZOZOとeコーマスにおけるサービス向上の可能性について意見交換を行っており、前澤氏が、ZOZOの企業価値向上になるのなら所有株式の売却を検討可能だと確認できたことを踏まえ、同社のパートナー候補として資本提携等の可能性を検討開始した。ZOZOのファッションEC領域における女性を中心としたユーザーや、ファッションメディア等への幅広い展開、豊富な品揃え等が、同社が今秋開始予定の「PayPayaモール」との間に一定のシナジー(相乗効果)が見込まれ、同社eコマース事業のさらなる飛躍につながるとの考えに至ったそうだ。公開買付け価格は2620円だという。
出典元:ヤフープレスリリース

出典元:ヤフープレスリリース

集客効果・ユーザーの利便性向上へ

子会社化によって、集客と取扱商品数の増加、ユーザーの利便性向上といったシナジーが期待できるという。とりわけ中高年齢者層に高いシェアを持つ同社と、若年層のユーザーが多いZOZOの互いのECサイトが連携することで、それぞれのサービスへの集客効果が期待。また、ZOZOTOWNへのPayPay導入など、同社の様々な資産の活用を通じてユーザー利便性の向上が期待されるそうだ。
出典元:ZOZOプレスリリース

出典元:ZOZOプレスリリース

前澤前社長「新たな道へ進む」

ZOZOはリリースで、今回の提携はZOZOTOWN出店ブランドやユーザーにも大きなメリットをもたらすとして、引き続き企業理念である「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。~Be unique. Be equal.~」の実現に向けて突き進むと説明。ZOZO前社長の前澤氏は自身のTwitterで、「僕自身は新たな道へ進みます」とコメントしている。両社の発表を受けて、ネット上には「これは驚いた」「予想外のビッグニュース」「ベストなタイミングでのTOBだと思う」「これからの変化が楽しみ」「前澤氏の次なる活躍に期待したい」など、様々なコメントが投稿されている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード