HOMEトレンドニュース インドネシア首都が「カリマンタン島」に移転決定。同国中心に位置、地震災害リスクも小

インドネシア首都が「カリマンタン島」に移転決定。同国中心に位置、地震災害リスクも小

長澤まき

2019/08/27(最終更新日:2019/08/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャカルタ/Adobe Stock

インドネシアの首都が現在のジャカルタからカリマンタン島に移転することが決まった。

カリマンタン島(ボルネオ島)に首都を移転

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は8月26日、首都の移転先について、ジャワ島の北に位置するカリマンタン島(ボルネオ島)の東端を選んだと発表した。AFPの報道によると、移転先は東カリマンタン州の都市バリクパパンとサマリンダ付近。政府は同地にすでに18万ヘクタールの土地を所有しており、現在の首都・ジャカルタから政治機能を移す計画だそうだ。移転費用は推定466兆ルピア(約3.5兆円)になるという。
インドネシア/Adobe Stock

インドネシア/Adobe Stock

50年以上前から繰り返し議論

同国では、初代スカルノ大統領の時代から、首都移転が繰り返し議論されてきた。日本貿易振興機構(JETRO)のビジネス短信によると、ジャワ島にある現在の首都・ジャカルタは、オランダによる東インド支配の時代から長らく政治の中心地として機能してきたが、同国全土を見渡した際の地学的な観点や現在の首都・ジャカルタの人口集中による都市機能への負担増加などが、その理由だという。カリマンタン島に首都を移転することで、人口集中の解消や東インドネシア地域の開発、地震などの自然災害を避ける目的があるそうだ。
イメージ画像/Adobe Stock

ジャカルタ/Adobe Stock

環太平洋火山帯に属さず、地震リスク少

新しい首都として発表されたカリマンタン島はインドネシア全域の中央に位置しており、環太平洋火山帯に属していないので、地震災害のリスクが少ないとされている。インドネシア政府は2020年にかけて移転に関する行政手続きを行い、2021年から建築工事をはじめ、移転の第1段階は2024年を見込んでいるそうだ。インドネシアの首都移転を受けて、ネット上には「柔軟な発想」「時代や環境に合わせるのは合理的。景気刺激策にもなる」「こういうドラスティックな動きは日本も見習うべき」「東京の首都機能移転の参考になるかな」といった声が寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード