HOMEトレンドニュース 自分の居場所がないと感じる人に─居場所を確保するコミュニケーション術の解説書が発刊

自分の居場所がないと感じる人に─居場所を確保するコミュニケーション術の解説書が発刊

長澤まき

2019/08/04(最終更新日:2019/08/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:CCCメディアハウス

CCCメディアハウス(東京都品川区)は8月、居場所を確保するためのコミュニケーション方法を紹介する書籍「自分の居場所はどこにある?SNSでもリアルでも『最高のつながり』の作り方」を発売した。

自分の居場所を確保するための方法とは

「なんか疲れてしまう」「ここではない、と思ってしまう」「そもそも居場所が見つからない」と、無理している人は多いのではないだろうか?同書は、そのような息が詰まりそうな環境にいる人のために、居場所を確保するためのコミュニケーション方法を公開。「居場所とはなにか」「リアルな居場所づくり」「SNS、インターネットでの居場所のつくり方」「避けるべき居場所、去るべき居場所、物理的居場所」「人生に希望が持てないなら、マクロな居場所を理解しよう」「未来は明るい!年齢と居場所は右肩上がり」と6章にわたって、自分にとって最高の場所で最高のコミュニケーションをする方法を紹介する。
集団の中での自分の役割がわからず、とるべき行動が思いつかない状態に陥ったときに「居場所がない」ということが発生するのです。居場所がないと感じている人にはぜひこのインプロを通した「居場所を確保するためのコミュニケーション方法」を学ぶことで、自分の居場所がつくれるようになってほしいのです。(「はじめに」より一部抜粋)
出典元:CCCメディアハウス

出典元:CCCメディアハウス

著者は、放送作家で、アメリカの大学留学中に即興演劇がベースになったコミュニケーション術・インプロを学んだ渡辺龍太さん。渡辺さんは現在、テレビ番組の構成作家として活躍するだけでなく、全国の企業や自治体でインプロのワークショップを行ったり、インプロ講師養成にも取り組んでいる。【自分の居場所はどこにある?  SNSでもリアルでも「最高のつながり」の作り方】・書籍:1400円(税別)・電子書籍:1120円(税別)・四六判・並製/224ページ・発行:2019年8月

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード