HOMEトレンドニュース JR大阪駅「イラスト付き乗車位置案内」が分かりやすい!奈良→シカ、関空→飛行機

JR大阪駅「イラスト付き乗車位置案内」が分かりやすい!奈良→シカ、関空→飛行機

長澤まき

2019/07/31(最終更新日:2019/07/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:JR西日本

JR大阪駅に設置された、電車が向かう方面をイメージしたイラストが描かれた案内表示について、西日本旅客鉄道(JR西日本)に取材した。

向かう方面をイメージしたイラスト

JR大阪駅の1番ホームにある、イラストが描かれた分かりやすい乗車位置案内表示がネット上で話題になっている。同ホームは大阪環状線(内回り)に加え、関西空港方面や和歌山方面、奈良方面など、いろいろな方面に行く電車が発着する。目的の電車に乗るにはどこに並べばいいのか。分かりやすいように奈良方面に向かうラインにはシカのイラスト、和歌山方面にはみかん、関空方面には飛行機、大阪環状線には輪のイラストが描かれている。
提供:JR西日本

提供:JR西日本

この案内表示はネット上で注目を集めており「分かりやすいうえに、何か楽しくなっちゃう」「センスある」「色覚にハンディキャップがある人でも理解できる」「外国からの人の役にもたちそう」など多くのコメントが寄せられている。

一目でイメージしてもらえるよう発案

JR西日本によると、この案内表示は今年3月に福島方面2両分を先行整備し7月に全車両分を整備した。イラストが描かれた乗車位置案内表示は4種類あり、各表示の色には線区カラーを導入したという。-----どのような経緯で導入したのですか?

JR西日本で最もご利用の多い大阪駅の環状線ホームは1面のみで、日々お客様同士が集中し、大変混雑してご迷惑をおかけしていることから、安全性及び快適性の向上につながる本取り組みを先行して整備しました。

-----表示を作るにあたってこだわった点は?

列車をご利用頂くお客様に対し、一目で各方面をイメージして頂けることを考え、今回の計画に関係した部署の皆で話し合い、マークに関する案を作成しました。

-----導入後、どのような効果が出ていますか?
お客様から頂くご意見を鑑みるに、少しづつですが、列車毎に整列乗車するという取り組みを認知頂けていると感じております。
-----今回話題になった案内表示の導入など、駅の運営に込める思いを教えてください。
駅のホームにおける安全性及び快適性を向上を目指し、これからも種々の対策を検討していきます。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード