HOMEトレンドニュース 【お盆】リアルな「うな重キャンドル」が登場

【お盆】リアルな「うな重キャンドル」が登場

長澤まき

2019/07/19(最終更新日:2019/07/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:カメヤマプレスリリース

神仏用ローソクや線香等を製造販売する「カメヤマ」(大阪市北区)は7月19日、同社の「好物キャンドルシリーズ」の新商品として「うな重キャンドル」を発売した。天国のおじいちゃんおばあちゃんも思わずヨダレを垂らしそうな、リアルなうな重のキャンドルだ。

大人気「好物シリーズ」の新商品

同社は、故人の好きだった食べ物や飲み物を模ったローソクをそなえることで、より深く故人を偲ぶ尊い時間をもってもらえるのではという考えのもと、2009年6月から「故人の好物シリーズ」を展開。これまでに、井村屋あずきバーキャンドルやカップヌードルキャンドル、ワンカップ大関ローソクなど数々の商品を発売しており、年間約47万個以上を売り上げる人気シリーズとなっている。【記事】ご先祖さまもワクワク確実!食べ物形の“仏壇ろうそく”がリアルすぎる

一つ一つ手作り、細部までこだわり

「うな重キャンドル」は、江戸時代から親しまれている「うなぎ」をかたどった。一つ一つ手作りし、蒲焼の微妙な焼き目やご飯にしみ込んだタレの具合まで、リアルに再現。山椒の葉をちょこんと乗せるなど、細かいディテールにまでこだわった。
出典元:カメヤマプレスリリース

出典元:カメヤマプレスリリース

パッケージの中には、うな重と共にお漬物、肝吸い、おてもとがデザインされており、まるでミニチュアの世界に入り込んだようだ。
出典元:カメヤマプレスリリース

出典元:カメヤマプレスリリース

見て触って火を灯して、何度も会話が生まれるお供えキャンドルだという。全国の仏壇店・雑貨店にて販売している。【うな重キャンドル】・価格:680円(税別)・燃焼時間:約1時間・小函寸法:W125×L103×H43ミリ・本体寸法:W78×L62×H38ミリ

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード