HOMEトレンドニュース 電気料金の支払いで寄付ができる「MUSUBIプロジェクト」を福岡の電力会社が提供へ

電気料金の支払いで寄付ができる「MUSUBIプロジェクト」を福岡の電力会社が提供へ

長澤まき

2019/07/15(最終更新日:2019/07/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:HTBエナジープレスリリース

全国で小売電気事業を展開するHTBエナジー(福岡市中央区)は7月17日から、電気を通じて寄付を行う電気契約プラン「MUSUBIプロジェクト」の提供を始める。生活に必要不可欠で毎月かかる電気代を通じて、継続的な寄付を行う。

電気を通じて寄付、寄付証明書も発行

支援を必要とする人々を継続的に支援するため、同社が窓口となって、利用者と支援先、利用者と提携先パートナーを結ぶ。一般電気事業者が提供する契約種別「従量電灯B(※1)」と同じ単価で電気を供給。料金形態は「MUSUBI料金」とし、MUSUBI基本料金とMUSUBI電力量料金の約4.5%相当分を同社が提携するNPO法人へ送金する。世界各国で児童の学習支援を行うNPO法人HEROとは、カンボジアの小学校運営に充てる。また、アジア圏で人身売買の被害者支援を行う認定NPO法人かものはしプロジェクトとも提携し、活動資金を援助する。※1.関西・中国・四国電力管内は従量電灯Aとなる。
出典元:HTBエナジープレスリリース

出典元:HTBエナジープレスリリース

出典元:HTBエナジープレスリリース/料金プラン(東京電力管内・一例)

出典元:HTBエナジープレスリリース/料金プラン(東京電力管内・一例)

希望者には、各NPO法人より寄付証明書が発行されるそう。同社はプロジェクト名について、子どもたちに手を差し伸べることで輝く未来をつくりだす「MUSUBI」の機会が生まれる願いを込めているとしている。【MUSUBIプロジェクト】提供エリア:全国(沖縄・離島除く)申込受付開始日:2019年7月17日(水)申込方法:HTBエナジーWEBサイト(17日公開予定)申込対象:提供エリアかつ従量電灯B 30アンペア以上(関西・中国・四国電力管内は重量電灯A)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード