HOME特集 ペンギンを助ける日本酒に大反響!滋賀の老舗酒造が切り絵作家と企画「全国から注文、予想外」

ペンギンを助ける日本酒に大反響!滋賀の老舗酒造が切り絵作家と企画「全国から注文、予想外」

長澤まき

2019/07/13(最終更新日:2019/07/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:美冨久酒造

購入することでペンギン助けに協力できる日本酒について、滋賀県甲賀市の美冨久(みふく)酒造に取材した。

売上の一部を寄付、保全活動に

滋賀県甲賀市にある1917年(大正6年)創業の美冨久酒造は7月から、同市の切り絵作家・中村学さんのペンギンの切り絵をラベルに使った日本酒セット「SAVE the Penguin 酒BOX」の販売を始めた。気候変動や魚の乱獲による餌不足などで減少の一途をたどるペンギンの現状を知ってもらう活動の一環として、同社が中村さんと共同で企画した商品。180ミリリットルサイズのお酒(山廃本醸造)3本とペンギンの切り絵のポストカード3種類がセットになっており、価格は1296円(税込)。同商品の売り上げ金の一部は、環境保護団体を通じて寄付され、ペンギンの住む環境の保全活動に活用される。
美冨久酒造株式会社/Facebook

美冨久酒造株式会社/Facebook

提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

今月1日に店頭で販売を始めたところ、地元の新聞に取り上げられたのを機に問い合わせが殺到。急遽ネットショップからも購入できるようにしたが、予想を上回る注文があり在庫が完売。急いで瓶詰めを行って販売を再開した。現在、酒造の店頭(滋賀県甲賀市水口町西林口3-2)とホームページ(ネットショップ)の2カ所のみで販売している。

友人である中村さんとの世間話から誕生

同商品は、切り絵作家の中村学さんとのちょっとした世間話から生まれたという。開発本部長の村田 正さんに話を聞いた。-----商品の誕生までの道のり、商品化に踏み切った経緯を教えてください。
古くからの友人であり、何度か切り絵を教えてもらったことのある中村学さん。切り絵のモデルにもなったこともあります。最近、中村さんが動物や昆虫をモチーフに切り絵の創作活動をされている中で、好きな動物の一つでもあったペンギンの生息環境が地球環境の悪化により狭まり、個体数が減っているということを知ったそうです。そこで切り絵を通してそのことを皆さんに知っていただきたい、なにか自分に出来ることはないかというようなことを世間話の中で聞いておりまして、自分の勤務している酒造会社で協力出来ることはないかと思い、今回の商品企画が始まりました。
出典元:美冨久酒造ホームページ

出典元:美冨久酒造ホームページ

企画意図やペンギンの知識をラベルで紹介

-----開発にあたって、こだわった点は?
なぜこの商品を企画したかを端的に伝える文面をパッケージに入れることです。また、少しでも手にとってもらいやすいよう、商品の選択や価格設定にも気を使いました。いかに夏らしく仕上げるかも工夫しました。 
提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

セットに含まれる3本のお酒のラベルは、それぞれ違う種類のペンギンがモデルになっている。ペンギンの種類まで知らない人が多いと思い、ラベルにペンギンの特徴・知識を記載したが、デザイン上のバランスが難しかったという。
提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

提供:提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

予想外の反響、想いに貢献できれば

-----「SAVE the Penguin 酒BOX」が大反響になっていることについての感想は?
正直、ペンギン大好きっていうコメントをこれだけいただけるとは思いませんでした。地元での盛り上がりを想定していたので、全国から注文いただけるとは予想していませんでした。
提供:美冨久酒造

提供:美冨久酒造

-----この商品に込める思いを教えてください。
中村くんの熱い想いを前々から聞いていたので、同じ地元で商工に関わる身として、その想いに少しでも貢献できればと思っています。夏季限定の予定ですが、好評ならば来年もまた別の切り絵デザインで挑戦してみたいです。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード