HOMEトレンドニュース 家賃への上乗せなしで賃貸物件が「家具付き」になる不動産仲介サービスが登場

家賃への上乗せなしで賃貸物件が「家具付き」になる不動産仲介サービスが登場

長澤まき

2019/07/08(最終更新日:2019/07/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:bydesignプレスリリース

誰もが素敵な空間に手軽にアクセスできる社会の実現を目指すbydesign(東京都品川区)は7月8日から、デザイナーズ家具付き賃貸サービス「Moover(ムーバー)」の提供を始めた。物件と家具を自由に組み合わせて、家賃への上乗せ費用なしで上質な空間に住めるとアピールしている。

プロが無料で家具をコーディネート

利用者が見つけた住みたい物件をMooverで仲介。どんなサイトのどんな物件でも仲介できるという。入居時に仲介手数料(家賃1カ月分)を支払い、家具代金に相当するデポジットを預けると、部屋に合わせてプロが無料でコーディネートしたデザイン家具を退去日まで利用できる。すなわち、入居時に部屋に合わせて、デザイン性の高い家具を自分で買い揃える手間を省くことができる。 
出典元:bydesignプレスリリース

出典元:bydesignプレスリリース

デポジットは原則として退去時に家具を返却すれば戻ってくるが、破損や盗難・失踪などにより家具を入居時の状態で返却できない場合は、その損害の補填に充当される。また、解約時に返却実費として、家具のクリーニング費用と返送料(5~8万円程度)が発生。家具を買い取る場合は返却実費は発生しない。

空間デザインをより手軽に・身近に

家具付き物件が主流となっている諸外国に比べ、日本は家具と不動産が分離されているため、引っ越し時の家具搬入や買い替え・廃棄などの余分なコストが発生しているという。近年は国内でも家具付き賃貸物件が増加傾向にあるが、画一的で無機質な空間デザインのものが多く、また、家具の費用が家賃に上乗せされているため通常より家賃相場が高くなっているそうだ。同社はこれまでも「空間デザインをより手軽に、より身近に。」というコンセプトのもと事業を展開。これまでの取り組みで得た知見が元になった。家具自体を無料レンタルできるのは、同社が家具の小売り事業を運営しているため、家具を効率よく仕入れることができ、利用後はメンテナンスしたうえで中古家具として販売できることなどが理由だそう。同社は今後もサービスの展開を通じて、日本国内での家具付き賃貸物件の更なる普及に取り組んでいくとしている。
出典元:bydesignプレスリリース

出典元:bydesignプレスリリース

【Moover】提供開始:2019年7月8日価格:賃貸仲介手数料(家賃の1か月分)※毎月の家賃は別途発生(家具費用の上乗せなし)※入居時に家具代金に相当するデポジットが必要※解約時に返却実費として家具のクリーニング費用と返送料が発生(家具買取の場合は発生しない)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード