HOME特集 ついに「シガール」がストローに!ヨックモックが開発、期間限定で登場

ついに「シガール」がストローに!ヨックモックが開発、期間限定で登場

長澤まき

2019/06/12(最終更新日:2019/06/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:ヨックモックプレスリリース

子どもの頃の夢を実現した「食べられるシガールストロー」について、制作したヨックモックに取材した。

「食べられるシガールストロー」を提供

老舗洋菓子ブランド・ヨックモックの代表商品である、薄い生地を葉巻のようにくるっと巻いたクッキー「シガール」。その形状から、誰しもが子どもの頃に一度は「シガールをストロー代わりにしたい」と夢を見たり試してみたりしたことはないだろうか。ヨックモックはこの度、その夢を実現した。6月6日~6月30日まで、東京・南青山のヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGEで、全部食べられる「シガール・ストロー」が付いたドリンクメニューを各日数量限定で提供する。
出典元:ヨックモックプレスリリース

出典元:ヨックモックプレスリリース

設立50周年を機に開発

同ストローは環境に優しい「食べられるストロー」として、特別に開発したという。広報によると、2019年に設立50周年を迎える同社では、これまでにも工場からの排水は厳しい基準を設けて管理するリサイクル率が高いスチール素材をパッケージに使用するなど、環境に配慮した取り組みを実施してきたそう。今回、節目というタイミングで、「50年間の感謝を胸に、これからも私たちのお菓子にできること」を見つめなおした際に、改めて環境への取り組みで他にもできることがあるのではとの考えに至ったという。同社は世界環境デーである6月5日から、運営する全ての飲食店にて提供するストローを紙ストローに変更した。
「シガール」はその形状からストロー代わりにする、というアイディアを子どもの頃に考えたこと、試されたことのある方もいるのではないでしょうか。世界環境デー、環境月間に合わせまして、究極のエコストローとして特別に、全部食べられる『シガール・ストロー』が付いたドリンクメニューを提供することといたしました。
出典元:ヨックモックプレスリリース

出典元:ヨックモックプレスリリース

内側に「ホワイトチョコレートコーチング」

クッキーであるシガールをストローとして使って、ふやけたりはしないのだろうか?通常のシガールとの違いを聞いた。
クッキーの内側に「ホワイトチョコレートコーチング」を施しています。クッキーですので、時間が経ちますとやわらかくなりますが、飲み物に浸ってやわらかくなった部分も美味しくお召し上がりいただけます。
開発にあたっては、飲みやすさにこだわったという。
「シガール」「シガール オゥ ショコラ」「シガール アイスクリーム」の生地で試作を行いました。「シガール」ですと細すぎてチョコレートコーチングによって詰まってしまい「シガール アイスクリーム」ですと太すぎて吸い辛いため、「シガール オゥ ショコラ」が採用されました。ドリンクの味を邪魔しないよう、ホワイトチョコレートコーチングが選ばれました。
このストローの販売予定は現在のところなく、店舗・数量限定での提供となるという。
出典元:ヨックモックプレスリリース

出典元:ヨックモックプレスリリース

シガールストローに込める思いを、こう話す。
子供の頃、シガールを食べながら誰しもが考えたであろう「シガールをストロー代わりにする」というアイディア。夢の公認『シガール・ストロー』をぜひお楽しみください。株式会社ヨックモックは設立以来、贈答菓子をメインに、ヨックモックのクッキーが気持ちに寄り添い人と人とをつないできたように、これから先の50年もお菓子のチカラ、お菓子の可能性を信じ、皆様に感謝し、おいしさと笑顔がともにある未来を創り続けます。
【シガール・ストロー概要】場所:ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE住所:東京都港区南青山5丁目3-3期間:6月6日(木)~6月30日(日)※各日限定数商品名:「シガール・ストロー」体験メニュー価格:864円(税込)アイスコーヒー、アイスティー、牛乳より1種類を選ぶ

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード