HOMEライフスタイル 東京オリンピック、チケット申し込みがスタート!販売サイトは混雑気味、5月28日まで受付

東京オリンピック、チケット申し込みがスタート!販売サイトは混雑気味、5月28日まで受付

長澤まき

2019/05/09(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像/fotolia

ついに、2020年夏に開催する東京オリンピック観戦チケットの申し込みが始まった。

東京2020観戦チケットの抽選申込開始

東京2020組織委員会は5月9日(木)午前10時から、日本在住者を対象とした東京2020オリンピック観戦チケットの抽選申込受付をスタートした。抽選申込受付期間は5月28日(火)午後11時59分まで、抽選結果の発表は6月20日(木)を予定している。

最大30枚当選、当選チケットは一括購入

観戦チケットの抽選申込はインターネットのみ。公式WEBサイトより「TOKYO 2020 ID」を登録後、東京2020公式チケット販売サイトにて競技やチケットの種類・座席・枚数を選択して申し込む。申し込んだチケットの内容は、申込期間内ならいつでも確認・変更が可能だ。最大当選枚数は1つのIDにつき30枚まで。当選したチケットは全て一括で購入することとなり、一部のみの購入はできない。当選後の購入手続き期間は7月2日(火)までを予定。支払いはVISAかコンビニでの現金決済(税込30万円未満)となる。

当選チャンスを広げる2つのサービス

今回の抽選申込では、多くの人に当選チャンスが広がるよう「カスケードサービス」と「第2希望選択サービス」の2種類が用意されている。「カスケードサービス」は、希望した席種が落選しても、1つ下の席種のチケットが販売定数に達していない場合に、1つ下の席種のチケットも抽選対象とすることができるサービス。「第2希望選択サービス」は、抽選申込時に第2希望の申し込みが可能となるサービス。これを選択しておけば、第1希望に落選しても、次に観たいセッションのチケットが入手できるかもしれないという。いずれも、申し込み時に同サービスを希望する必要がある。ついに始まった観戦チケットの抽選申込は、ネット上で「申し込むぞ」「開会式チケットにエントリーしてみようかな」「当選するかな?」「一生に一度の機会」「色々と観戦したい」「当たりますように!」と話題に。多くの人が申込開始直後から購入手続きを行っているようで、販売サイトは9日の10時台、順番待ちのウェイティングルーム画面や混雑で繋がりにくくなっているとの画面がしばしば表示されていた。チケットの抽選申込は先着順ではなく抽選で、5月28日(火)まで受付。残念ながら抽選に外れた場合も、2019年秋以降の先着順販売や2020年春以降の直前期販売で観戦チケットを手に入れるチャンスがある。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード