HOMEトレンドニュース 世界最高峰の障害物競走「スパルタンレース」が新潟で開催決定!最も過酷な「BEAST」を日本初開催へ

世界最高峰の障害物競走「スパルタンレース」が新潟で開催決定!最も過酷な「BEAST」を日本初開催へ

長澤まき

2019/04/25(最終更新日:2019/04/25)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:ゼビオグループプレスリリース

世界最高峰の参加型障害物レース「SPARTAN RACE(スパルタンレース)」の日本での8回目の開催が決まった。9月15日(日)に、新潟県湯沢町のGALA湯沢スキー場で「SPARTAN RACE Powered by Rakuten –NIIGATA BEAST/SPRINT/KIDS-」を開催する。同大会では、最も過酷なレース「BEAST」を日本で初めて開催する。

世界42カ国で100万人超が参加

スパルタンレースは、アメリカで生まれた世界をリードする障害物レース。コース内に「ファンクショナルムーブメント」をベースにした動きや身体能力を高めるフィットネス要素を取り入れた障害物が設置されている。その人気は世界に広がっており、世界42カ国で100万人以上が参加、年間観客者数30万人以上を誇っている。日本でも開催エリア・参加人数共に年々拡大しており、今年5月に東京ドイツ村(千葉)で開催するチケットは販売から約1カ月で完売したそうだ。
出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

最も過酷なレース「BEAST」を開催

同レースには、距離と難易度で分けられた数種類のレースや目的に合わせたカテゴリーがある。
【主なレース】・SPRINT(スプリント):最も短いレース。距離約5キロ以上、障害物約20個・SUPER(スーパー):タフアスリート向きのレース。距離約13キロ以上、障害物約25個・BEAST(ビースト):最も過酷なレース。距離約21キロ、障害物約30個
1年間の間に上記3種類のレースを各1回ずつ達成すると、メダル(スパルタン・トライフェクタ)を獲得。今回のBEAST開催により、日本国内でのトライフェクタの達成が可能となる。
出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

出典元:ゼビオグループプレスリリース

GALA湯沢スキー場で開催される大会のエントリー開始は、5月上旬頃を予定している。【SPARTAN RACE Powered by Rakuten –NIIGATA BEAST/SPRINT/KIDS-】開催日:2019年9月15日(日)開催場所:GALA湯沢スキー場(新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢茅平1039-2)開催レース:BEAST、SPRINT、KIDS完走特典:完走Tシャツ、記念メダル※参加費など詳細はプレスリリースにて案内

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード