HOME特集 フラスコでドングリを育てないで!なぜ?

フラスコでドングリを育てないで!なぜ?

長澤まき

2019/04/13(最終更新日:2019/04/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

博物ふぇすてぃばる!公式@科学技術館/Twitter

ドングリをフラスコで育てる様子を紹介したTwitterの投稿が話題を呼んでいる。

可愛すぎるドングリ栽培に2万超いいね!

博物ふぇすてぃばる!公式Twitter(@hakubutufes)は4月2日、「ドングリをフラスコで育ててはいけません!」と呼びかけるツイートを投稿した。ツイートによると、可愛すぎて沢山の時間を盗まれてしまうのだとか。「気が付けば今日も日が暮れている…」とコメントしている。フラスコの上で芽を出してすくすく育つドングリはネット上で話題に。「フラスコで育てられるのですか?」「これは可愛い」「ずっと見てられる」「おしゃれ」「温かいミステリアスさがありますね」「ナウシカのラストみたい」などコメントが寄せられ、投稿から1週間あまりで2万超いいね!を得ている。

さまざまな角度から面白さを探している

なぜ、フラスコでドングリを育てているのか。広報係によると、ドングリは今年の7月に東京都千代田区の科学技術館で開催する「博物ふぇすてぃばる!6」の展示物。来場者に楽しんでもらうために、さまざまな角度からドングリの面白さを探しているのだという。イベントでは毎年、マスコットとなる“イメージ博物”を決めるファン投票「博物総選挙」を行っており、2019年は4つの候補の中からドングリが選ばれたそうだ。
提供:博物ふぇすてぃばる!

提供:博物ふぇすてぃばる!

出典元:博物ふぇすてぃばる!ホームページ

出典元:博物ふぇすてぃばる!ホームページ

育てることが目的、副産物に癒し効果

フラスコでのドングリ栽培について、詳しい話を聞いた。-----フラスコでドングリを育てることができるのですか?
今のところは順調に、そして愛くるしく育っています。ただ、今後もこれで上手くいくのかは分からないです。ドングリを水栽培で育てること自体は、他にもやっている方がいるようです。
-----フラスコで育てている経緯は?
公園で冬にクヌギのドングリを沢山拾い、ビニール袋に入れたまま常温で保管していました。3月になって気温が上がってきた頃に、次々に根を出している事に気が付き、観察のため8個のドングリの水栽培を始めました。それぞれの成長を記録できるように1~8まで番号と愛称をつけています。初めはタッパーのフタにキッチンペーパーを敷いて水をあげていましたが、芽が出始めたので他の容器に移す事にしました。
提供:博物ふぇすてぃばる!

提供:博物ふぇすてぃばる!

以前、運営の備品として購入したフラスコがあったので、いくつかのドングリでバランスを試して、一番安定感があったドングリ1(名前はクヌイチ)にフラスコをあてがいました。他にもビーカーや徳利など色々な容器で育てています。フラスコで育てられることがドングリにとって幸せなことなのかは分かりませんが、屋外の植木鉢で試験的に育てている個体より発育?が良いです。室内なので気温が安定しているせいかもしれません。
提供:博物ふぇすてぃばる!

提供:博物ふぇすてぃばる!/どんぐり栽培18日目

-----ドングリを育ててどうするのですか?
観察するために育てているので、育てること自体が目的のようなものです。副産物として癒し効果が得られています。

目が離せず、かなりの時間が過ぎる

-----「ドングリをフラスコで育てはいけません!」というツイートを投稿した経緯は?
日々成長、どころか一日のあいだにも少しづつ根が伸びて葉が開いていくので目が離せず、ドングリのそばを通るごとにジーッと見つめてしまい、気が付くとかなりの時間がいつも過ぎています。ドングリ観察ツイートを定期的にしており、観察なので普段はなるべく客観的に報告するように心がけていますが、フラスコ育ちのドングリは特に可愛いので、皆様に注意喚起をする必要があると思い感情をこめてツイートしました。
-----ネット上で大反響になっていることについて、コメントをいただけますか?
ドングリに興味をもっていただき、うれしく思っています。一応、本当の注意点として、水を入れたフラスコやペットボトルなどの透明な容器は直射日光に当てると虫眼鏡のように光を集めて稀に火事の原因になることがあります。ドングリには日光が必要なので、窓に擦りガラスシートを貼るなどの工夫をした方がいいと思います。
提供:博物ふぇすてぃばる!/どんぐり栽培25日目

提供:博物ふぇすてぃばる!/どんぐり栽培25日目

ドングリ料理にも挑戦

-----他にドングリの面白さ探しとしてどのようなことをしていますか?
公園や雑木林でドングリの木を観察したり本を読んで調べたりしています。他にも色々な種類のドングリを集めたり、博物館などで珍しいドングリ展示があれば写真を撮ったりします。ドングリは食べることもできるので、何種類かのドングリでクッキーや料理も作ってみました。色んな人に食べてもらって味の感想を聞いていますが、好評な時もあれば大不評の時もあり様々です。染料にもなるそうなので一度ドングリ染めもチャレンジしてみましたが、イマイチ上手くいかなかったので再チャレンジしてみたいですね。
提供:博物ふぇすてぃばる!

提供:博物ふぇすてぃばる!

▲上)スダジイの粉で作ったドングリクッキー▼下)マテバシイの甘露煮とサツマイモで作ったドングリきんとん
提供:博物ふぇすてぃばる!

提供:博物ふぇすてぃばる!

-----最後に、ドングリへの思いを聞かせてください。
冬場に拾った時は「とりあえず食べてみよう」という気持ちだったので、食品として見ていました。でも育ててみたら、思った以上に1個1個が頑張って成長しようとしていて「生き物」なんだという認識が強くなってきています。いつものテーマは知識を重視しているのですが、ドングリに関しては「体験すること」が一番伝わりやすい魅力なのかもしれません。今年のテーマとしてたくさんの人たちにドングリの面白さを伝えていくことも運営の務めだと考えて取り組んでいます。
博物ふぇすてぃばる!6場所:東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館1階催事場日程: 2019年7月20日(土)11:00~17:307月21日(日)10:00~17:30(ともに入場は17:00まで)当日入場料: 1500円、小学生以下は無料(保護者同伴に限る)2日間フリーパス、パンフレット付き(2日間フリーパスの入場券代わり)前売り券:1200円

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード