HOMEトレンドニュース 下北沢駅に美しい巨大レリーフがお披露目!複々線化を記念、下北沢の新たなシンボルに

下北沢駅に美しい巨大レリーフがお披露目!複々線化を記念、下北沢の新たなシンボルに

長澤まき

2019/03/29(最終更新日:2019/03/29)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:小田急電鉄プレスリリース

小田急電鉄は3月29日、東京都世田谷区にある下北沢駅の改札内コンコース壁面に設置した大型陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を公開した。2018年度末の小田急小田原線の代々木上原駅~梅ヶ丘駅間の連続立体交差事業と複々線化、そして同線の代々木上原駅~登戸駅間(11.7キロ)の複々線化が完成したことを記念して制作した作品だ。

大型陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」

レリーフのテーマは、小田急グループの経営理念で謳われている「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」。広告代理店エヌケービーの協力のもと、特急ロマンスカー・SE(3000形)のカラーデザインや内装をはじめ、箱根や丹沢、江ノ島の観光ポスターを手がけるなど、小田急に深い関りのあった作家 故・宮永岳彦氏の原画をもとにしている。同氏の内弟子である宮永辰夫氏、小林敬生氏、日高康志氏監修のもとデザインされ、45年にわたってパブリックアート作品を作り続けるクレアーレ工房(熱海・信楽)が制作した。
出典元:小田急電鉄プレスリリース

出典元:小田急電鉄プレスリリース

新しく生まれ変わった下北沢駅で、利用者同士の素敵な出会いや旅立ち、駅周辺の賑わいの起点となる新たなシンボルを目指すとしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード