HOME特集 渋谷の仮囲いに描かれた「少女と犬の物語」が話題!全長200mに手書き、優しい絵柄に込めた思い

渋谷の仮囲いに描かれた「少女と犬の物語」が話題!全長200mに手書き、優しい絵柄に込めた思い

長澤まき

2019/03/27(最終更新日:2019/03/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

東京を代表する繁華街・渋谷の工事現場で、仮囲いに描かれた心温まるイラストが話題を呼んでいる。制作したNPO法人365ブンノイチに取材した。

渋谷に描かれた「女の子と犬のイラスト」が話題

渋谷駅の北にあり、2020年3月ごろまで再整備中の渋谷区立宮下公園。明治通り沿い側に設置された高さ3メートル、全長200メートルの大きい仮囲いに、女の子と犬のイラストが描かれている。単なる可愛い絵ではなく、実はストーリー仕立てだ。
特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

主人公の女の子は、渋谷の街ではぐれてしまった愛犬を探す。ストリートミュージシャンや外国人観光客、車いすバスケットボールのプレーヤー、男性カップル、目が不自由なおばあさんなど、渋谷を行き交う人々と触れ合いながら犬を探す様子が描かれている。途中には女の子とはぐれたことに気がつき、うろたえてしょんぼりする犬目線のイラストも描かれており、無事に再開できるのかハラハラしてしまう。先日、あるTwitterユーザーが作品を一気にたどる動画を投稿したのをきっかけに、「感動しました」「絵本のような、ショートムービーのような素敵な絵」「女の子とワンちゃんもすごく可愛くて、それを見守る渋谷の人たちもいろんな個性の人がいて素敵」「多様性が集う街、渋谷」「心が温かくなりました」「教えてくださって、ありがとうございます」と一躍話題になっている。

アートを社会に有効活用へ

制作したのは、地域の人々に寄り添ったクリエイティブ作品を制作し、街の付加価値を高める活動を行うプロボノチームの365ブンノイチだ。話題になっている渋谷の作品は、ちょうど1年前に制作したものだという。プロジェクトリーダーの田村勇気さんに作品制作の経緯を聞いた。
ストリートアートを社会に有効活用できるやり方があるのではないかと、壁などに絵を描いて町の名所にするプロジェクトを立ち上げ、ストリートアートとカルチャーがうまく根付いている場所として渋谷に目を付けました。渋谷区役所に相談したところ、宮下公園の再開発に伴って明治通り沿いに設置された仮囲いの壁を紹介され、巨大な壁の威圧感が和らぐし落書き防止にもなるので、ここに描いてみてはどうかと提案されました。
実際に明治通り沿いの仮囲いの壁を見たところ“血が騒いで”、制作に至ったそうだ。
特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

飽きられない控えめでおしゃれな絵柄に

クラウドファンディングで支援を呼びかけ、有志メンバーとたくさんのボランティア達により手書きで作品を制作した。こだわったのは、シンプルで控えめな絵柄だという。
200メートルもある場所なので、強い作風だと人の好みが分かれてしまうし、飽きられやすいと思い、シンプルで分かりやすく、おしゃれな絵柄にしました。
特定非営利活動法人365ブンノイチ/Faebook

特定非営利活動法人365ブンノイチ/Faebook

ネット上で大反響になっていることについては、驚きしかないと話す。
制作してから1年もあったので、なぜ今ブレイクしたのかとメンバー全員不思議に思っています。
丁寧に制作したため、これまでは絵をプリントしたと思われることが多かったそう。今回話題になったことで、作品が手書きだということが伝わったことも、ストーリーに込めたメッセージを受け取ってもらえたことと同じくらい嬉しいという。
たいへん苦労して作った作品なので、とてもありがたく思っています。
特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook(仮)

特定非営利活動法人365ブンノイチ/Facebook

渋谷の人々に愛されて渋谷区のキャラクターにも

当初は2018年9月までの展示予定だったが、期間が延長された。しばらくの間は渋谷で見ることができそうだ。作中のキャラクターは、渋谷区のキャラクターにも採用されており、渋谷区環境基本計画のホームページにも登場している。
渋谷の人々に可愛がってもらっており、たいへん感謝しています。
▼「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」の公式ムービーとして上映された動画。明治通り沿いの仮囲いの作品の元になっている。

「やさしい気持ちになってほしい」

365ブンノイチは多くの作品を生み出しており、現在は渋谷にほど近い目黒区の繁華街・中目黒で新プロジェクトに取り組む。全長80メートルにおよぶ壁一面の落書きを、電車から見えるエンタテインメントに変身させる新プロジェクト「なかめエンノシターズ」を制作中だ。
出典元:365ブンノイチホームページ

出典元:365ブンノイチホームページ

「ワクワクするものをつくりたい」「地元の人に愛されてほしい」「優しい気持ちになってほしい」という思いを込めて、きょうも作業を進めているそうだ。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード