HOMEライフスタイル 良い子を辞めたひよこちゃん、悪魔化したり「ぐでたま」とディスり合ったりする

良い子を辞めたひよこちゃん、悪魔化したり「ぐでたま」とディスり合ったりする

長澤まき

2019/03/25(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:日清食品

日清食品のチキンラーメンのキャラクター・ひよこちゃんと、ぐでたまが火花を散らすコラボが話題になっている。かわいいキャラクター同士が「そこのきいろいの、ニワトリでもないのに頭が高いんじゃないの~?」「そっちこそたまごのくせに年下ちゃいますのん?」とバチバチのツイートを投稿。一体何が起こったのかとネット上がざわついている。
提供:日清食品

提供:日清食品

そんなひよこちゃんだが、つい先日も、ひよこちゃんがアクマ化してから1年後の世界を描いた続編ムービーが公開され、16万回以上試聴の注目動画となっている。

ひよこちゃんのアクマ化から1年

チキンラーメンが60周年を迎えた2018年、ひよこちゃんが良い子を続けたストレスから辞表を提出し、ついにはアクマ化してしまう動画が公開され、ファンを中心に衝撃が走った。あれから1年、ひよこちゃんのアクマ化によって太陽がなくなり、暗黒の世界になってしまった“その後の世界”を描いた続編ムービー「アクマのキムラーMADMAX篇」が公開され、再びファンの間に衝撃が広がっている。

暗黒の世界に完全激辛物質MADMAXが登場

暗黒の世界となってしまった地球は、さらにアクマが巻き起こした“ヒーの一年間”で空気中に唐辛子が紛れ込んでしまい、マスクなしでは100歳まで健康に生きられない世界になってしまった。
提供:日清食品

提供:日清食品

提供:日清食品

提供:日清食品

「なにがアクマだ!」とマスクを外したおじさんは咳き込んで倒れてしまい、過酷な治療を受けた末に、すべてを激辛にしてしまう“完全激辛物質MADMAX”が誕生してしまう。
提供:日清食品

提供:日清食品

動画中に出てくる“ヒーの一年間”では、国民的スナック・カラムーチョのヒーおばあちゃんとまさかのコラボ。ヒーおばあちゃんこと、森田トミさんは出演について「長年辛いお菓子のキャラクターを務めてきたが、世界中に唐辛子を蔓延させたのは初めての経験じゃった…。複雑な心境じゃ!ヒーッ!」とコメントとしている。

ネット上に「ツッコミどころが多すぎる」との声

動画は公開から10日間ほどで16万回以上試聴されており、ネット上には「ツッコミどころ多すぎる」「面白過ギルティ」「色々混ざっててじわる」「狂気しかない」「ネタが悪魔的に多い」「攻めに攻めまくってますね。大好きです」など多くのコメントが寄せられている。動画は、日清が新発売した「チキンラーメン 具付き3色パック アクマのキムラーMADMAX」のCM。「チキンラーメン 具付き3色パック アクマのキムラー」をユーザーから寄せられた「もっと辛いキムラーに挑戦してみたい」という声に応えて、辛さを進化させた商品だそう。キムチのうまみとごま油の豊かな風味はそのままに、具材に唐辛子を加えてアクマのキムラーの8倍という辛さに仕上げた「MAD MAX」(最狂)の名にふさわしい激辛の一品だとしている。
提供:日清食品

提供:日清食品

【チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラーMADMAX】内容量:267グラム(麺255グラム)(1パック3食入)希望小売価格:408円(1パック/税別)

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード