HOMEトレンドニュース 国名の「ヴ」が消える法案が可決。セントクリストファー・ネービス、カーボベルデに名称変更へ

国名の「ヴ」が消える法案が可決。セントクリストファー・ネービス、カーボベルデに名称変更へ

長澤まき

2019/03/20(最終更新日:2019/03/20)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像/Adobe Stock

国名から「ヴ」の表記が消えることになった。

国名の「ヴ」が「ビ」「べ」に変更へ

3月19日に開かれた衆議院本会議で、外務省などが使っている外国の名称のもととなっている「在外公館名称位置給与法の一部を改正する法律案」が全会一致で可決された。現在、2カ国の国名表記で使われている「ヴ」を、国民の間で一般に使われ定着している表記に変更へ。カリブ海東部に位置する小さな火山島国家「セントクリストファー・ネーヴィス」の日本国大使館名の「ヴ」を「ビ」に変更し、「在セントクリストファー・ネービス日本国大使館」へ。アフリカ西部の「カーボヴェルデ」の大使館の「ヴ」を「べ」に変更し、「在カーボベルデ日本国大使館」とする。施行日は4月1日とされており、NHKの報道によると同法案は今月中に成立する見通しだという。
出典元:外務省ホームページ

出典元:外務省ホームページ

過去にはノールウェー→ノルウェーなど

河野外務大臣の19日の会見によると、2003年ごろまで外務省ではヨルダンにある大使館を「在ジョルダン日本国大使館」、イギリスにある大使館を「在連合王国日本国大使館」というように読んでおり、ノルウェーやベトナム、ニューヨークも「ノールウェー」「ヴィエトナム」「ニュー・ヨーク」など、一般的な表記と違うものを使っていたという。当時の在外公館名称位置給与法の定員を変更する際に、この状況に疑問を呈した総務省側との調整があり、以降は国名などを変えることがあれば、現地の発音表記に合わせて修正し、今回の「ヴ」のようなあまり馴染みのない表記はなじみやすい表記に変えているという。
イメージ画像/Adobe Stock

イメージ画像/Adobe Stock

今回の変更は、ネット上などで話題に。「まぁ、実際一般的には煩わしいだけだしな」「これも進化の一端」と賛成する声や、「ちょっと寂しいな」「“ヴ”に違和感はない」「“ヴ”だと綴りが“V”だなってひと目でわかるし、発音も違うのに」と戸惑う声など、様々なコメントが寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード