HOMEトレンドニュース 光を軽減しつつ車線は見えやすいドライバー向けサングラスが発売

光を軽減しつつ車線は見えやすいドライバー向けサングラスが発売

長澤まき

2019/03/19(最終更新日:2019/03/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:山本光学プレスリリース

メガネや光学機器などを製造する山本光学(大阪府東大阪市)は3月18日、“日常の運転をより快適に、安全に”をコンセプトに、一般道の運転に必要な情報は眼に入れながら、不快な光をカットして快適な運転環境を提供するレンズ「ULTRA LENS For DRIVING」シリーズを発売した。

見るべきポイントを認識しやすくしたレンズ

「ULTRA LENS For DRIVING」は、安全かつ快適な運転のために必要な情報をドライバーに伝えてくれるレンズ。路面の轍(わだち)や継ぎ目・凹凸・オイル染み・白線といった状況や、注意喚起の看板や表示、前走車のブレーキランプ、車線変更禁止のラインなど、安全な運転のためにドライバーが見るべきポイントを認識しやすくすることで、ドライバーの予測や認知を促し、素早くスムーズな判断・操作へとつなげやすくする。▼製品着用比較(イメージ)上:着用前、下:着用後
出典元:山本光学プレスリリース

出典元:山本光学プレスリリース

出典元:山本光学リリース

出典元:山本光学リリース

レーシングドライバーと共同開発

従来の単に視界を暗くして眩しさを抑えるサングラスには、眼に入る情報量は全体的に落ちてしまうという課題があった。同社は「安全な運転のためには、視界を妨げる眩しさを抑えつつも、必要な情報はしっかりと目に届けることが必要ではないか」という仮説のもと、レーシングドライバーの山野哲也氏と「安全な運転のために見るべきポイント(情報)とは何か」「必要な情報をどのようにドライバーに伝えるのが良いのか」とテストを繰り返し、共同でレンズを開発したという。
出典元:山本光学プレスリリース

出典元:山本光学プレスリリース

2019年SWANSグラスラインナップ内の合計10アイテムで展開。日常から仕事として車を運転する人だけでなく、帰省や旅行等での長距離ドライブまで、車を運転するシーン全般で安全かつ快適な運転環境をドライバーに提供するとしている。全国のスポーツ用品店や眼鏡店、SWANS直営店、SWANS公式オンラインショップで販売する。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード