HOMEトレンドニュース 京都発「トリュフせんべい」!世界3大珍味の香りと味を追求した新しい京都土産

京都発「トリュフせんべい」!世界3大珍味の香りと味を追求した新しい京都土産

長澤まき

2019/03/07(最終更新日:2019/03/07)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:Hanbay&Co.プレスリリース

京都市中京区の伊崎屋半兵衛は、新たな京土産「トリュフせんべい」を開発した。

イタリア産のトリュフ塩・オイルを使用

トリュフせんべいは、イタリア産のトリュフ塩とトリュフオイルをふんだんに使い、トリュフそのままの香りと味を追求したおせんべい。世界3大珍味のトリュフを伝統的な京せんべいの製法で包み、和と洋を融合させた新たな京土産として開発した。直営ウェブショップで先行販売を行っている。
出典元:Hanbay&Co.

出典元:Hanbay&Co.

本物にこだわって開発

形だけではない「本物」にこだわって開発をスタート。大正11年創業の関製菓本舗を製造元に、オランダに本社を置く世界的な高級食材チェーンOIL&VINEGARにも協力を仰いで開発に取りかかったという。
出典元:Hanbay&Co.プレスリリース

出典元:Hanbay&Co.プレスリリース

トリュフオイルはインターナショナルオリーブオイル協会の基準に準じたものを使用。トリュフ塩は、フランス・ゲランド塩田産IGP認証の塩とイタリアのウンブリア産トリュフを使った。京せんべいとしての美しさや材料の定義をはじめとした伝統にも徹底的に配慮して完成させたという。
出典元:Hanbay&Co.プレスリリース

出典元:Hanbay&Co.プレスリリース

ロゴの「伊崎屋半兵衛」は、京都清水の陶芸家で文斎窯窯元の6代目・小川文斎氏が書いた。文化庁の京都移転や東京オリンピック、大阪万博の開催が決定する中、同商品を京都の新しいお土産として世界に発信していくとしている。1箱14枚入り(個包装)で税抜き1800円。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード