HOMEトレンドニュース カフェをイメージしたおしゃれな「うどん店」が麻布十番に開店、糖質50%オフの麺も開発

カフェをイメージしたおしゃれな「うどん店」が麻布十番に開店、糖質50%オフの麺も開発

長澤まき

2019/02/13(最終更新日:2019/02/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

麺キュイジーヌ 出典元:「フードビジネスコンサルタント」プレスリリース

株式会社フードビジネスコンサルタント(大阪市中央区)は2月12日、東京都港区麻布十番に未体験のうどん店「麺キュイジーヌ 麻布邸」をオープンした。

糖質が低い麺を開発、体が喜ぶうどん

同店は「体が喜ぶ麺料理」をテーマに、うどんの新しい可能性を提案する。うどんは炭水化物の塊として嫌厭されがちだが、数種類の国産小麦粉をブレンドすることで、コシが強くかつ糖質を通常の50%程度まで抑えた新しい麺を開発したという。出汁は、天然昆布と鰹節をふんだんに使った合わせ出汁で食品添加物・合成着色料は一切使用していない。メニューでは「エスプーマ仕立ての季節の野菜うどん」「薬膳カレーうどん」など斬新なうどんを提供する。店内はカフェをイメージした白を基調とした色合いで構成し、おしゃれな空間を演出。うどん店の保守的な印象を変えたいとしている。
麺キュイジーヌ 出典元:「フードビジネスコンサルタント」プレスリリース

麺キュイジーヌ 出典元:「フードビジネスコンサルタント」プレスリリース

同店は今後、日程を限定しての「子ども食堂」やイベント的に「認知症カフェ」機能を持たせる予定だそう。フランチャイズ化していく過程では、セントラルキッチンで障がい者や高齢者を積極的に雇用していくとしている。【麺キュイジーヌ 麻布邸】住所:東京都港区麻布十番1-9-9電話:03-6441-0351営業時間:11:30~22:00定休日:不定休

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード