HOMEトレンドニュース 駐車場や空き地を「車中泊スポット」として旅人に貸すシェアサービス「カーステイ」が本格始動へ

駐車場や空き地を「車中泊スポット」として旅人に貸すシェアサービス「カーステイ」が本格始動へ

長澤まき

2019/01/29(最終更新日:2019/01/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Carstayプレスリリース

東京都新宿区のCarstay株式会社は1月30日から、全国に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に有料で貸し出す日本初のシェアリングサービス「Carstay」のウェブサービス(日本語、英語)を本格的に稼働させる。

車中泊に使える場所を可視化して貸し出し

車中泊・テント泊スポットとして登録できる場所は、車1台分のスペースに年に1回以上泊まれ、24時間使えるトイレが500メートル以内にあることが必須条件となる。貸出料は税込500円~。地域ならではの体験を提供する「文化体験」を登録することも可能だ。現在、全国各地の一般家庭や駐車場、RVパーク、ゲストハウス、商店、スーパー、キャンプ場、ゴルフ場、寺社仏閣などの所有者が同サービスに登録しているという。使い方は、主に4ステップ。旅行者は専用ウェブサイト上に登録された駐車場や空き地を検索し、予約。取引終了後、場所の所有者と旅行者はそれぞれ、相手の評価とコメントを残すことができる。
出典:Carstayプレスリリース

出典:Carstayプレスリリース

設備の破損や利用中のけが、利用者同士のトラブル、騒音などを補償する三井住友海上保険の「車中泊保険」を付保することも可能だという。問い合わせは多言語に対応する。

宿不足対策や地方活性化も

同サービスの背景には、人口減少や東京一極集中による地方における未使用の土地や駐車場の増加、車中泊ニーズの高まりがある。これまで車中泊スポットの規則や宿泊は最適に管理・可視化されておらず、マナー違反行為が問題になったり、車中泊できるスポットの有無が分からず、不安なまま夜を過ごすなどの課題があった。このサービスを活用することで、安心して車中泊で日本での旅を楽しめるようにする。宿不足が心配される期間などに地方への車中泊型の旅行を提案することで、地方経済の活性化が見込めるように取り組んでいくとしている。
出典:Carstayプレスリリース

出典:Carstayプレスリリース

現在は長野県や山梨県を中心に地方自治体との協力が進んでいる。同社は2020年東京オリンピック・パラリンピック大会までに、登録数1000カ所を目指すとしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード