HOMEトレンドニュース 家に神棚がなくてもOK!「段ボール製のお札立て」が便利そう

家に神棚がなくてもOK!「段ボール製のお札立て」が便利そう

長澤まき

2018/08/24(最終更新日:2018/08/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:「タチバナ産業」Press Release

現代の住宅事情やライフスタイルに合った、スタイリッシュな「段ボール製のお札立て」が誕生した。

段ボール製お札立て「ofudana」

段ボール箱の製造・販売を手掛ける「タチバナ産業」は8月23日、段ボール製お札立て「ofudana」を発売した。「あさぎ」「あか」「むらさき」の3色で、価格は各1150円(税込)。「神棚がないけど、お札はぞんざいに扱えない」という悩みを解決する、これまでにない新しいお札立てだ。
出典:「タチバナ産業」Press Release

出典:「タチバナ産業」Press Release

時代に合わせた商品

従来、お札は神棚に祀るものだった。しかし、近年は核家族や単身者の増加、マンションに暮らす人々が増えたことなどから、「神棚」がないという家庭も多い。そのため、お札がたんすの上に立てかけられたり、本棚の隙間に置かれたりしているという。一方で、初詣や厄除けなど昔ながらの行事は続いており、パワースポット巡りや御朱印集めもブームになった。そんな現代の住宅事情やライフスタイルに合った「新しいお札立て」のニーズに応え、同商品は誕生したという。

健康や長寿を表す「六角形」

デザインのポイントは、健康や長寿を表す「六角形(亀甲)」が連なる形状と、段ボールの素材感を生かしたカラーリング。また、廃棄・焼却時に有害物質が出ない素材特性もエコロジーとしている。 
出典:「タチバナ産業」Press Release

出典:タチバナ産業 Press Release

 
出典:「タチバナ産業」Press Release

出典:「タチバナ産業」Press Release

「Ofudana」は、広告代理店の電通から意匠権および商標権のライセンスを受けた商品だそう。同社は、法人向けがメインの梱包材ビジネスから個人向けビジネスへとシフトする取り組みとしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード