HOMEトレンドニュース 【取材】JR川口駅の強烈なポスターが話題!駅独自で「お客様の心に届くデザインに」

【取材】JR川口駅の強烈なポスターが話題!駅独自で「お客様の心に届くデザインに」

長澤まき

2018/06/08(最終更新日:2018/06/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:JR東日本大宮支社

味わい深いと評判の「JR川口駅のポスター」について、管轄するJR東日本大宮支社の広報室に話を聞いた。

JR川口駅のポスターがネット上で話題

埼玉県川口市のJR川口駅に貼られているポスターが話題になっている。かけこみ乗車や傘の持ち方、ホームの端を歩くことなどへの注意を呼び掛けるポスターだ。
提供:東日本旅客鉄道 大宮支社

提供:JR東日本大宮支社

提供:東日本旅客鉄道 大宮支社

提供:JR東日本大宮支社

ネット上に、「味わい深い」「可愛くて大好きすぎる」「センスがあふれてる」「じわじわ来る」「訴えかける濃度は半端ない」「子供も大人も見てくれるポスター」など多くのコメントが寄せられている。

川口駅のオリジナルポスター

同駅を管轄する東日本旅客鉄道(JR東日本)の広報室に、話を聞いた。-----いつ・どのような経緯で作成したのですか?
2016年の夏頃からで、駅美化やお客さまの安全・マナー啓発を目的として作成しました。
-----川口駅が独自に作った、オリジナルですか?
その通りです。
利用者から傘の持ち方について意見をもらっていたことなどから、何とか改善できないか社員間で話し合い、駅の美化やお客様の安全・マナー啓発を目的にしたポスターを作ることにしたそう。ちょうどその頃、川口駅内で駅のキャラクターコンテストがあり、評判の良かったキャラクターを活用したポスターをいくつか考案したという。

鷹を描いた理由は「鳩よけ」

鳩にエサを与えないように呼び掛けるポスターもあるが、なぜか描かれているのは「鷹」。ネット上で「俺の知ってる鳩と違う」「強そう」「鳩ちゃうやん!鷹やん!!」「特殊な訓練を受けた鳩」「どういうこと?」と物議を醸している。-----なぜ、絵が「鳩」じゃないのですか?
鳩の天敵が鷹であるため、鳩よけの意味を込めています。
駅構内に鳩がフンを多く落とし、大変困っていたそうだ。
提供:東日本旅客鉄道 大宮支社

提供:JR東日本大宮支社

「心に届くデザインに」と工夫

-----制作上のこだわりや工夫を教えてください。

駅構内には数多くのポスターを掲出しているので、とにかく「お客さまの心に届くようなインパクトのあるユニークなデザイン」にするように心がけています。

提供:東日本旅客鉄道 大宮支社

提供:JR東日本大宮支社

-----ネット上で話題になっていることについて、コメントをお願いします。
反響が大きくて驚いていますが、とてもうれしく思います。駅美化やお客さまの安全・マナー啓発を目的として作成したポスターですので、注目いただけることで効果が発揮されることを期待しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード