HOME特集 「東京」が魅力的な留学先ランキングで2位に!就労・生活環境に高い評価

「東京」が魅力的な留学先ランキングで2位に!就労・生活環境に高い評価

長澤まき

2018/05/09(最終更新日:2018/05/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

fotolia

東京が「世界で2番目に魅力的な留学先都市」に選ばれた。

世界の魅力的な留学先都市、2位に「東京」

世界的な高等教育機関の調査会社であるイギリスのQS Quacquarelli Symonds(キューエス カッカレリ シモンズ)社は5月9日、「魅力的な留学先都市ランキング2018」を発表した。最も魅力的な留学先年都市に選ばれたのは「ロンドン」で、2位に「東京」がランクイン。東京は2017年の7位から大きく順位を上げて、過去最高の順位となった。このほか、日本の都市では関西圏(京都・大阪・神戸)が19位、名古屋が92位に入っている。

生活環境や学生の多様性など6指標が高評価

同ランキングは2004年にスタートし、今年で5回目。同社の大学ランキングと学生の多様性、生活環境、就労機会、留学費用水準、学生アンケート評価の計6指標を基に作成している。2018年度ランキングでは、オーストラリア(メルボルン、シドニー)とドイツ(ミュンヘン、ベルリン)から、それぞれ2都市がトップ10にランクインした。アメリカの都市は留学費用と学生の多様性の面で魅力が低下しており、ボストンが13位と、トップ10入りは果たせなかった。

東京「就労環境」で最高スコア

東京は「就労環境」で最高スコアを獲得。「生活環境」でも世界2位とされた。特に、安全・安心面など住環境が高い評価を得た。さらに、「留学費用水準」が昨年度より大きく改善し51位に。国際的レベルの大学が数多く、大学の質・量共に世界有数の都市だという。
fotolia

fotolia

留学生の56.1%が「関東」に

日本を訪れる外国人留学生の数は増え続けている。独立行政法人日本学生支援機構の調査によると、2017年5月1日時点の留学生数は約26万7000人と、前年より約2万8000人(11.6%)増加した。約15万人(56.1%)が関東に留学しており、うち東京の留学生数は約10万3000人。留学生の93.3%がアジア地域から、4.4%が欧州・北米地域から来ており、最も多い出身国は「中国」。次いで「ベトナム」「ネパール」「韓国」「台湾」となっている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード