HOME特集 「みなさまの未来へ出発、進行!」JR鳥取駅の“卒業生へのメッセージ”が温かい

「みなさまの未来へ出発、進行!」JR鳥取駅の“卒業生へのメッセージ”が温かい

長澤まき

2018/03/25(最終更新日:2018/03/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:西日本旅客鉄道米子支社

JR鳥取駅の「卒業生に向けたメッセージボード」について、同駅を管轄するJR西日本米子支社の広報担当者に話を聞いた。

鳥取駅の「卒業生へのメッセージ」が話題

JR鳥取駅に先日、「卒業生のみなさまへ」と書かれたボードが設置された。大雨、強風などのさまざまな原因で列車の運行が乱れて迷惑をかけたことや、ICカードが使えず決して便利な駅ではなかったかもしれなかったことについて述べ、こう綴っている。
それでも、毎朝元気な表情で登校されるみなさまの姿は、私どもの心の糧になっていました。いつもありがとうございました。学生生活を終えられ、県外へ進学・就職なさる方も多いと思います。みなさまが鳥取を離れても、私たちはいつでもみなさまのお帰りをお待ちしています。みなさまの未来へ出発、進行!! ご卒業誠におめでとうございます!!鳥取駅一同
提供:西日本旅客鉄道 米子支社

提供:西日本旅客鉄道 米子支社

ネット上で「あたたかい」「愛を感じる」「人口の少ない地域だからこその心配り」「ほっこりした」「最高すぎる」「不発弾…いったい何があった」と話題になっている。

厚狭駅のメッセージボードを見て発案

担当者によると、同駅はこれまでは毎年、イラストを中心とした卒業生に向けたボードを掲示していたという。今年、山口県山陽小野田市のJR厚狭(あさ)駅に「みなさんの人生というレールは、どこまでも明るい未来へとつながっています」と書かれた卒業生に向けたメッセージボードが掲示されたのを見て、「鳥取駅でも掲示したら」と考えたそうだ。運行が乱れた原因に「不発弾」とあるのは、2017年12月29日にJR鳥取駅の南東約400メートルに位置する解体中の住宅から不発弾が見つかり、JR山陰線と因美線の上下線で約1時間半にわたり運転を見合わせたトラブルのことだという。
台風通過の影響で運休が出た際の改札=2017年9月18日午前、JR鳥取駅で撮影

「台風通過」の影響で運転見合わせがあった際のJR鳥取駅の改札=2017年9月18日午前撮影

心のどこかに鳥取を

駅員の方々は、日々どんな気持ちで駅利用者を見送っているのか。
笑顔であいさつを行い、お客様が少しでも快く感じていただけたらと思います。また、「お客様と共感する」ことは特に大切にしています。
数年間駅を利用した学生が卒業するというのは、駅員にとっても感慨深いこと。毎年、卒業生たちをこんな気持ちで送り出しているという。
いつも鳥取駅をご利用して頂きありがとうございました。心のどこかに鳥取を…。一回り大きくなって帰ってきて下さい。
JR鳥取駅=2017年9月18日撮影

JR鳥取駅=2017年9月18日撮影


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード