HOMEライフスタイル 猫の肉球のぷにぷに感を再現した「化粧用パフ」開発秘話を聞いた

猫の肉球のぷにぷに感を再現した「化粧用パフ」開発秘話を聞いた

長澤まき

2017/09/14(最終更新日:2017/09/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:ミックコスモ

猫好きの、猫好きによる、猫好きのための「猫の手ファンデ」について、ミックコスモの企画開発部に取材した。

世界初「肉球シリコンパフ」発売へ

「あなたの愛着No.1コスメ」をスローガンにお客様の声から今までにない化粧品を30年間作ってきた大阪の小さな化粧品メーカー「ミックコスモ」が11月上旬に、猫好きのためのブランド「necosme(ネコスメ)」第1弾「ぷにぷに猫の手ファンデ」を発売する。
提供:ミックコスモ

提供:ミックコスモ

猫の肉球を再現した、世界初の「肉球シリコンパフ」を採用。
提供:ミックコスモ

提供:ミックコスモ

パッケージは猫を愛してやまないデザイナーの「chiro」さんデザイン。パッケージの横にはクラウドファンディングで応募してくれた人の愛猫を載せる予定という、まさに猫好きの、猫好きによる、猫好きのための商品だ。

アイデアを見て「面白い」と挑戦

同商品は、2016年11月に行われた「第1回 ミックコスモ化粧品アイデアコンテスト」で大賞を受賞した「ぷにぷに肉球で、いつものメイクを楽しくしたい」というユニークなアイデアをヒントに商品化したという。
「面白い!だけど、商品化するのはすごく難しそうだ」と感じました。同時に、「難しいからこそ挑戦しがいのあるアイデアだな」とも思いました。化粧品アイデアコンテストの目的として、お客様の夢を実現しつつ、社内的には「できないことに挑戦する!」を掲げていましたので大賞にピッタリだと思い選ばせていただきました。
提供:ミックコスモ

提供:ミックコスモ

実際に「肉球」を触りながら、試行錯誤

肉球パフは、猫好きの担当が愛猫の肉球を触りに触ってこだわって作った。
猫の肉球をどうやって再現するか?は予想よりも苦労しました。紆余曲折があり、シリコンパフというアイデアにたどり着きました。材質が決まってからもパフのサイズやぷにぷに感にこだわって、実際の猫の肉球を触りながら、試行錯誤を繰り返しました。
単に面白いだけの商品にならないように、パフに合うファンデーションや容器の組み合わせのパターンを数えきれないほど検討。そして最終的に一般の人にモニターテストをしてもらい、さらに改良を加え、満足できリピートしてもらえると自信を持てる商品が誕生したという。
出典:ミックコスモ

出典:ミックコスモ「左の透明や小さいパフは開発中のもの、右のパフが最終商品」

クラウドファンディングに目標額の4倍以上

同商品はネット上で「可愛すぎ」「肉球でポフポフされるの、これで毎朝味わえるのか…」「肉球気持ちいいもんな」「欲しいぃぃぃ!」「試したいでしかない」と話題に。8月からクラウドファンディングで先行公開したところ、現在、期限が26日残っているにも関わらず、目標額(22万2222円)の4倍以上となる99万1008円が集まっている。
空前の猫ブームということである程度の反響は予想していましたが、こんな短期間に目標金額の4倍もの支援が集まったことに驚いています。ご支援くださった方々に本当に感謝しています。猫の肉球というユニークさで興味を持った方は多いとは思いますが、「お客様の夢を実現する」ということにもご共感していただいて、徐々に応援の輪が広がっていったのを肌で感じています。クラウドファンディングも弊社初の取り組みである意味で挑戦でしたが、いつもミックコスモをご愛用いただいているファンの方はもちろん、今までにリーチできてないユーザー層にも届いている結果だと思います。
同商品への想いをこう語る。
まずは応援してくださって、楽しみにしていただいている方に商品を早く届けたいです。世界初の肉球シリコンパフで毎日のお化粧を楽しくしていただきたいです。
また、この機会に、新しい顧客にも同社の商品を体験してもらい、意見や感想などを是非欲しいという。
提供:ミックコスモ

提供:ミックコスモ

チークなど、追加アイテムの展開も検討

necosmeシリーズの今後の展開予定を聞いた。
まずは11月から自社サイトや一部の店舗での販売を開始予定です。その反響によって、ファンデーションの色を追加したり、チークなどの追加アイテムへの展開を検討しています。将来は、より多くの方に愛されるブランドになれば嬉しいです。
 
提供:ミックコスモ

提供:ミックコスモ


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード